‚éê‡AƒRƒ~ƒbƒg‘Ώۃtƒ@ƒCƒ‹‚ð‡ŽŸƒRƒ~ƒbƒg‚µ‚Ä‚¢‚­B, ƒRƒ~ƒbƒg‚͈ꌳ“IiƒAƒgƒ~ƒbƒNj‚ɍs‚í‚ê‚éB, ƒŠƒ|ƒWƒgƒŠ[‚̉º‚ɃvƒƒWƒFƒNƒgiƒ‚ƒWƒ…[ƒ‹jˆê——‚ª•À‚ԁB, ƒŠƒ|ƒWƒgƒŠ[‚̉º‚Í‘å‚«‚È1‚‚̃cƒŠ[\‘¢‚ð‚µ‚Ä‚¨‚èA‚»‚Ì’†‚É‹æ•Ê‚Í–³‚¢B, ƒcƒŠ[“à‚Ì‚Ç‚Ì•”•ª‚̃fƒBƒŒƒNƒgƒŠ[‚Å‚àŽ©—R‚Ƀ`ƒFƒbƒNƒAƒEƒg‚Å‚«‚éB, ƒŠƒ|ƒWƒgƒŠ[‚ÌŽÀ‘̂́Aƒ‚ƒWƒ…[ƒ‹–ˆ‚̃fƒBƒŒƒNƒgƒŠ[‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB, ‚ ‚鎞“_‚̃tƒ@ƒCƒ‹ŒQ‚ðƒuƒ‰ƒ“ƒ`‚Æ‚¢‚¤–¼‘O‚ŃRƒs[‚µ‚Ä‚¨‚­ƒCƒ[ƒWB, ƒgƒ‰ƒ“ƒNiŠ²j‚ƃuƒ‰ƒ“ƒ`iŽ}j‚ð•ÊX‚ɕύX‚µ‚Ä‚¢‚­‚±‚Æ‚ªo—ˆ‚éB, ƒgƒ‰ƒ“ƒNiŽåŒnj‚ƃuƒ‰ƒ“ƒ`‚ð•ÊX‚ɕύX‚µ‚Ä‚¢‚­‚±‚Æ‚ªo—ˆ‚éB, ‚ ‚鎞“_‚̃tƒ@ƒCƒ‹ŒQ‚ɑ΂µAƒ^ƒO–¼‚ð•t‚¯‚邱‚Æ‚ªo—ˆ‚éB, ‚ ‚鎞“_‚̃tƒ@ƒCƒ‹ŒQ‚ðƒ^ƒO–¼‚̃fƒBƒŒƒNƒgƒŠ[‚É‘SƒRƒs[‚µ‚Ä‚¨‚­ƒCƒ[ƒWB, ƒtƒ@ƒCƒ‹EƒfƒBƒŒƒNƒgƒŠ[EƒŠƒrƒWƒ‡ƒ“‚ɑ΂µ‚āAƒvƒƒpƒeƒB[i‘®«j‚Æ‚µ‚Ä’l‚ðŽ‚½‚¹‚邱‚Æ‚ªo—ˆ‚éB. ステータスバーにはどのようにファイルを取り扱うかを指定するコンボボックスがあります: エンコーディングでビューの文字列をどのように読込・保存・表示するかを設定します。英語では普通 ASCII です(つまり OS のローカルエンコーディング)。 UTF8 、 UTF16LE 、 UTF16BE 、 UTF32LE 、 UTF32BE (それぞれバイトオーダーマークありなし) に変更することもできます。, Windows では 一般に改行コードには CRLF が使われますが、任意の改行コードを指定することもできます。改行コードを変更すると、たとえ読み込んだファイル内の改行コードが揃っていなくても、ファイル内のすべての改行コードが変更されることに注意してください。, コンボボックスの一番上の項目は TAB キーを押した際にタブとスペースのどちらを挿入するかを指定します。スマートタブ文字 を有効にすると、タブとスペースのどちらが適切かを自動的に判定します。, タブ幅はタブキーを押した際にスペースをいくつ挿入するか、もしくはタブがあった際にタブの次の単語をどれだけインデントするかを指定します。, この行は空白しか変更されていません。マークが連続している箇所では、段落の折り返し位置が変更されて、単語が隣の行に移動しているかもしれません。, TortoiseMerge をテキストエディターとして使用して、手作業で編集された行です。, TortoiseMerge はファイルの差分を 表示 するだけでなく、競合を解決したり変更を適用したりすることができます。, 2画面表示の場合、右画面(Mine)のみ編集できます。左のファイル(Theirs)に変更を加えるには、変更する行で右クリックし、コンテキストメニュー → 「theirs」のテキストブロックを使用を選択してください。そうすれば、左のファイルからの変更が右のファイルに加えられます。, 時には、両方のテキストブロックが必要になる場合があります。その場合は、 コンテキストメニュー → 両方のテキストブロックを使用(こちらを前にする) や コンテキストメニュー → 両方のテキストブロックを使用(こちらを後にする) を使用してください。, また、テキストエディターのように出力ファイルを編集することもできます。その行は鉛筆アイコンで印がつけられます。なお、前述の行/ブロックベースの変更を行うつもりなら、編集する前に行っておいた方がよいでしょう。編集してしまうと、TortoiseMerge が オリジナルファイルとの関連を追跡できなくなります。, 3画面表示( マージビュー とも呼ばれる)の場合、下画面にあるファイル(マージ後)のみ編集できます。2画面表示と同様に、競合した行で 右クリック し、 コンテキストメニュー → 「theirs」のテキストブロックを使用 と コンテキストメニュー → 「mine」のテキストブロックを使用 のどちらかを選択してください。さらに両方のブロックを使用したい場合は、 コンテキストメニュー → 「theirs」の前に「mine」のテキストブロックを使用 と コンテキストメニュー → 「mine」の前に「theirs」のテキストブロックを使用 のどちらかを選択してください。選択したコマンドの結果が、マージ後ファイルに反映されます。, 時には、TortoiseMerge では競合していないのに、Subversion で競合が発生したと印がつけられることがあります。これは、選択した空白の扱いによるものかもしれません。行末や空白の変更を無視するようにした場合、その行は 競合無視 アイコンを用いて印がつけられます。競合を解決するために、どのバージョンを採用するか選択する必要があります。, 同じファイルで再度 TortoiseMerge を使用すると、 TortoiseMerge で変更したか手作業で編集したかにかかわらず、作業コピーに行った変更が 取り消され 、競合の編集を行い始めた状態のファイルになるので注意してください。, コマンドラインスイッチを指定せずに TortoiseMerge を起動した場合は、 ファイル → 開く を使用して手作業でファイルを開いてください。, まず始めにあなたがすることは、ファイルの比較・マージをしたいのか、パッチを適用したいのかを決めることです。その選択により、該当するエディットボックスやブラウズボタンが有効になります。, ファイルの比較・マージを行う際には、Base, Mine, Theirs の3つのうち、少なくとも2つのパスを設定しなければなりません。2つのファイルだけを指定すると、その2つのファイルの差分が2画面か1画面のどちらかで表示されます。, 3つのファイルをマージする場合、3画面表示で差分が表示されます。この表示は通常、ファイルの競合を解決する必要があるときに使用されます。この場合、出力ファイルには名前が付かないので、結果を保存するには ファイル → 名前を付けて保存... を使う必要があります。, パッチファイルを適用する場合、パッチファイルそのもののパスと、パッチファイルを適用するフォルダーのパスの両方を、設定しなければなりません。, オリジナルファイルをバックアップする 変更したバージョンを保存する前に、作業コピーにあるファイルが filename.bak に名前が変更されます。, UTF-8エンコーディングをデフォルトにする をセットすると、 ANSI のファイルでも UTF-8 エンコードとして開くようになり、編集すると UTF-8 エンコードとして保存されるようになります。, 行内差分を取る行の最大長 TortoiseMerge で非常に長い行の行内差分を表示すると、遅くなってしまいます。そのため、3000文字未満の行のみ行内差分が表示されるようになっています。ここでその長さを変えることができます。, 大文字/小文字の変更は無視する テキストファイル中、大文字/小文字しか違わない変更を隠します。 Visual Basic のような、警告なしで変数の大文字/小文字を変更してしまうようなアプリでは便利です。, TortoiseMerge は、コマンドラインパラメーターを指定すると、ファイルを選択する開くダイアログを表示せずに起動できます。TortoiseMerge を他のアプリケーションから使用する際に便利です。, ほとんどのスイッチには、パスやその他の文字列などの追加情報が必要です。この場合、スイッチの後に「:」に続けて文字列やパスを指定してください。例えば、次のように指定します。, マージ済みファイルの出力先を指定します。これはマージしたりや競合を解決したりした後のファイルが保存されるファイルパスです。, 3方向差分でこれが指定されなかった場合、TortoiseMergeは結果をどこに保存するかをユーザーに尋ねます。, 2方向差分でこれが指定されなかった場合、TortoiseMergeは自動的に右ビューに指定されたファイルを保存先として使用します。, 他の差分プログラムとの互換のため、コマンドラインにはファイル名だけを渡すこともできるようになっています。略式のコマンドラインは、, という書式です。2つのファイルを与えると、互いに比較します。3つのファイルを与えると、最初のファイルをベースファイルとして、他の2つと比較する3方向差分になります。, ファイルやディレクトリをリポジトリに追加する Subversion コマンドです。新しい項目は、コミットした際にリポジトリに追加されます。, 作業コピー にあるファイルやフォルダーの現在のベースリビジョンで、最後にチェックアウト、更新、コミットを実行したときの、ファイルやフォルダーのリビジョンです。 BASE リビジョンは、通常は HEAD リビジョンと同じではありません。, このコマンドはテキストファイル専用で、それぞれの行が最後に変更された時の、リポジトリのリビジョンと作者を注釈表示します。私たちの GUI の実装は TortoiseBlame と呼ばれ、リビジョン番号の上にマウスを置くと、コミット日時やログメッセージも表示します。, バージョン管理システムでよく使用される用語で、ある時点で開発が2つの独立したパスに分岐したことをと表します。メインの開発ラインからブランチを作成すれば、メインラインを不安定にせずに新機能の開発を行うことができます。また、今後バグフィックスのみを行うための安定版リリースのブランチを作成すれば、新機能の開発は不安定なトランクで行うことができます。 Subversion のブランチは、「簡易コピー」 として実装されています。, 空のディレクトリに、リポジトリからバージョン管理下のファイルをダウンロードし、ローカルの作業コピーを作成する Subversion のコマンドです。, Subversion book から引用します。「作業コピーの再帰的なクリーンアップ(ロックの解除、未完操作の回復)を行います。 作業コピーがロックされています というエラーが出続ける場合、このコマンドを実行し、古くなったロックを削除し、作業コピーをまた使えるようにします。」ここで言う ロック とは、ファイルシステムのロックを指しており、リポジトリのロックではないことに注意してください。, ローカルの作業コピーの変更点をリポジトリに渡し、リポジトリのリビジョンを新しく作成するのに使用する Subversion のコマンドです。, リポジトリの変更がローカルにマージされる際、時には同じ行に変更がある場合があります。この場合、 Subversion はどちらを使用するか自動的に決定できません。これを競合と呼びます。それ以降の変更をコミットする前には、ファイルを手作業で編集し競合を解決しなければなりません。, Subversion リポジトリでは、単一ファイルやツリー全体のコピーを作成できます。これは、領域を消費しないように、オリジナルへのリンクに少し似ている 「簡易コピー」 で実装されています。コピーの作成ではコピー内に履歴を保存します。そのためコピーされる前についても追跡できます。, バージョン管理下のファイルを削除(してコミット)すると、リポジトリ内のそのコミットを行ったバージョン以降、その項目はもう存在しなくなります。しかしもちろん、それ以前のリポジトリのリビジョンには、まだ存在していますから、まだそれにアクセスできます。必要なら削除した項目をコピーし、履歴を含め完全に「復活」できます。, このコマンドは、作業コピーのようにバージョン管理下のフォルダーをコピーしますが、 .svn は作成しません。, Subversion が持つリポジトリ用のファイルシステムバックエンドです。ネットワークフォルダー上で使用することができます。1.2以降のリポジトリのデフォルトです。, 単一のリビジョンで、フォルダー階層の内容をリポジトリにインポートする Subversion のコマンドです。, バージョン管理下の項目のロックを取得すると、その作業コピーを除いて、ロックが解除されるまでリポジトリにコミット不可の印が付きます。, リポジトリに追加された変更を、ローカルで行った変更を壊さないように、作業コピーに追加するプロセスです。時には自動的に調整できず、作業コピーが競合と呼ばれる状態になります。, 作業コピーを更新する際に、自動的にマージが行われます。また、 TortoiseSVN のマージコマンドを使用して、別のブランチにある変更を指定してマージすることもできます。, 作業コピーの変更がテキストファイルのみである場合、 Subversion の Diff コマンドを使用すると、変更内容を Unified 差分ファイルとして単一ファイルに出力することができます。この種のファイルはよく「パッチ」と呼ばれており、他の誰か(やメーリングリスト)にメールで送ったり、他の作業コピーに適用したりすることができます。コミットのアクセス権を持たない人は、変更を作成し、パッチファイルをコミット権限を持つ人に送ることができます。また、変更に自信がない場合、他の人にパッチを送ってレビューしてもらうこともできます。, ディレクトリやファイルのバージョン管理をするのに加えて、 Subversion はバージョン管理されたメタデータを追加できます。これは、バージョン管理下のディレクトリやファイルごとに「プロパティ」として参照されます。プロパティには、レジストリキーと同じように、それぞれ名前と値があります。 Subversion には、 svn:eol-style のような内部で使用する特殊なプロパティがいくつかあります。 TortoiseSVN にも tsvn:logminsize のような特殊なプロパティがあります。任意の名前と値を持つプロパティの追加もできます。, サーバー上の異なるディレクトリに移動したり、ドメイン名が変更されたりして、リポジトリが移動した場合、作業コピーを「再配置」すれば、作業コピーのリポジトリのURLが新しい場所を指すようになります。, 【注意】このコマンドは、作業コピーが指している同じリポジトリの同じ場所を指し、そのリポジトリが移動されてしまったときのみに使用してください。その他の場合には、代わりに「切り替え」コマンドを使用する必要があります。, データを集中して格納し保守する場所。複数のデータベースやファイルをネットワーク上に分散して置くこともでき、ネットワークに出ずに直接アクセスできる場所に置くこともできます。, 作業コピーのファイルが、マージ後に競合状態になったままになった場合、人間がエディター(または TortoiseMerge)で競合を整理しなければなりません。このプロセスは「競合の解決」と言われています。競合したファイルを解決済みにすると、コミットできるようになります。, 作業コピーを最後に更新したとき、 Subversion はそれぞれのファイルの「当時の」 コピーをローカルに保持しています。変更を行った後で、その変更を取り消したい場合は、「変更の取り消し」 コマンドを使用して当時のコピーに戻せます。, 変更セットをコミットするたびに、新しい「リビジョン」がリポジトリに作成されます。各リビジョンは、履歴の決まった時点のリポジトリツリーの状態を表します。過去にさかのぼる場合は、リビジョン N のような形でリポジトリを調べられます。, ファイルがプロパティを持てるように、リポジトリの各リビジョンもプロパティを持つことができます。リビジョンが作成されるときに、 svn:date svn:author svn:log といった特殊なリビジョンプロパティが自動的に作成され、それぞれコミット日時、コミットした人、ログメッセージを表しています。これらのプロパティは編集できますが、バージョン管理できません。そのため変更は永続的で元に戻せません。, 「svnserve」リポジトリサーバーで使われる、 Subversion カスタムプロトコルの名前。, ちょうど「特定リビジョンへ更新」が履歴上の別の位置へ、作業コピーの時間ウィンドウを変更するように、「切り替え」はリポジトリの別の位置へ、作業コピーの場所ウィンドウを変更します。トランクとブランチの違いが少ない時、それぞれの作業する際に役に立ちます。その2つの間で作業コピーを切り替えると、差異のあるファイルのみが転送されます。, リポジトリから作業コピーへ最新の変更点を取得するコマンド。作業コピーの変更点に、他の人が行った変更をマージします。, ローカルの「サンドボックス」で、バージョン管理ファイルに対して作業を行う場所です。また通常ローカルのハードディスクに記録されています。リポジトリからの「チェックアウト」で作業コピーを作成し、「コミット」で変更点をリポジトリに反映します。, base ファイルの名前です。ファイルパスの代わりに、画面のタイトルに表示されます。3方向差分では、画面のタイトル部のツールチップに表示されます。, theirs ファイルの名前です。ファイルパスの代わりに、画面のタイトルに表示されます。, mine ファイルの名前です。ファイルパスの代わりに、画面のタイトルに表示されます。, merged ファイルの名前です。ファイルパスの代わりに、画面のタイトルに表示されます。, 適用するパッチファイルのパスです。このパスを設定しない場合、 TortoiseMerge はパッチファイルのあるパスと一致するパスから探そうとしますが、これには, これを指定すると、 TortoiseMerge はファイルを編集しているかどうかにかかわらず、ファイルの上書き時に確認を行います。, これを指定すると、 TortoiseMerge はファイルを編集しているかどうかにかかわらず、衝突が見つかった際にはファイルの上書き時に確認を行います。, ユーザーの設定に関わらず、 TortoiseMerge を強制的に1画面表示で起動します。, ファイルが編集されるのを防止します。つまり、 TortoiseMerge の編集機能が無効になります。, TortoiseMerge でファイルを保存した後、 SVN 上で解決済みにするかどうかを尋ねることを抑制します。. Updated: 2017-12-05 / Reading time: 11 minutes, あなたの現場では、バージョン管理システムは何を使っていますか?Git?Subversion?VSS?まさかCVS?, GitHubスタイルの運用方針があるのであれば、大変結構です。しかし、SIerの現場ではSubversion(以降、SVN)による運用がまだまだ多いように思います。更に、コミット・ルールはあるけどブランチ運用はされておらず、みんなでtrunkに格納しているとか。, ここでは、SVNを使った場合の運用方針を定義したいと思います。これをベースとして、現場ごとにカスタマイズして運用方針を定義すると良いと思います。, git-flowを参考にブランチ運用方針を定義します。SVN標準フォルダ構成(trunk、branches、tagsフォルダ)の上に定義するため、git-flowと次の相違点があります。, SVN標準フォルダ構成に比べて増えています。次に、フォルダごとの役割を説明します。, SVNリポジトリを作成直後は、基本フォルダ構成が作成されていると思います。作成されていなければ、手動で作成してください。さらに、trunkから分岐してbranches/developを作成します。branches/releasesは直接作成します。結果、次のようなフォルダ構成になります。, フォルダ作成後、SVNリポジトリにアクセスするユーザーを作成します。Apache HTTP Serverであればhtpasswd管理、Visual SVNであればGUIからユーザーを作成するなど、プロダクトごとに対応してください。, ユーザー作成後、フォルダに読み書きできるユーザーを限定するため、権限を設定します。これは、trunkやbranches/developに不用意にコミットしてしまわないようにする処置です。なので、権限設定がメンドウであれば、運用で気を付ければよいと思います。, 最後に、一番重要ですが バージョン管理運用方針を策定し、文書化 します。現場ごとの書式で文書化すれば良いと思いますが、おおむね次の構成になると考えます。, 作業ごとにブランチを作成します。基本的にbranches/developをbranches/xxxにコピーすることで、ブランチを作成します。xxxの命名規則は現場ごとに決めれば良いですが、作業はWBSやチケットやバグ票で定義されるはずなので、WBS番号やチケットIDやバグ番号でブランチを作成すると良いでしょう。こうすることで、そのブランチが何のためのブランチなのかが分かりやすくなります。, 例えば、「WBS番号 2-3-5-8 発注画面」という作業を行う場合、次のようにブランチを作成します。, 先ほど作成したブランチで作業を行います。このブランチは作業専用のブランチであり他作業者に影響はないので、作業中のコードをコミットしても良いですし、なんなら一時的にビルドが壊れてしまっても良いです。作業が少しでも進捗したら、気軽にコミットしましょう。, 開発者が作業を終えたらbranches/developにマージしますが、その前にもちろんレビューを行います。プロジェクトごとに品質基準があるでしょうし、チームごとにもあるかもしれません。それらの品質確認をパスしたコードのみ、branches/developにマージして良いです。次のような基準が良くあるのではないでしょうか。, 自動化できることは自動化してしまいましょう。CIサーバーで、静的チェックを実行、コード設計の問題報告、テストまでは実行してしまいたいです。, ソースコードの内容確認は、ブランチの最初から最新までの差分を表示することで行います。まずは、ブランチがどのリビジョンから派生したのかを確認します。--stop-on-copyオプションを指定してログを表示することで、派生したリビジョンから最新までのログが表示されます。, 派生したリビジョンが確認できたら、そのリビジョンから最新までの差分を表示します。例えばリビジョン35813が派生したリビジョンだとした場合、次のように実行します。, 「マージが失敗しないこと」は、--dry-runオプションを指定してマージすることで確認します。例えば、先ほどの2-3-5-8ブランチがマージに失敗しないことを確認するには、次のように実行します。, 実際にはマージを行わず、マージを行った場合にどうなるかがシミュレーションできます。ログにファイルパスとともに記号が表示されます。記号は次の意味を持ちます。, コンフリクトするとマージに失敗するので、解消する必要があります。解消するには、コンフリクトしているファイルを修正したり、branches/developから逆マージを行います。マージ時にpostpone(競合を後で解決)を選択してから修正してresolved(競合を解決)しても良いです。, 開発して、テストして、レビューしたら、いよいよbranches/developにマージします。マージ作業は、--dry-runオプションを指定せずにマージを実行します。, マージ後のブランチを削除するか放置するかは、どちらでも良いです。branchesの下が見づらいと思えば削除すれば良いし、メンドウであれば放置してもさほど問題はないはずです。ただ、後で作業ログを確認するかもということであれば、放置したほうが良いでしょう。, 開発が進み、いよいよテスト環境や本番環境にリリースする時が来ました。リリース作業にどの程度の時間がかかるかはプロダクトによって異なりますが、リリース作業中も開発作業は進むでしょう。そのため、リリース作業はbranches/releasesで行います。, まず、branches/developからbranches/releases/xxxにコピーします。xxxはバージョン番号を付けます。バージョン番号の付け方はプロジェクトごとに異なると思いますが、特になければ日付でもつければ良いと思います。, リリース作業が完了したら、branches/releases/xxxをtrunkにマージします。, 同時に、tags/xxxも作成します。tags/xxxはtrunkをコピーすることで作成します。, リリースを繰り返すと、きっと、「xxxバージョンのアプリに致命的バグがあるので緊急で対応してほしい!」という状況が来るでしょう。この時、通常の作業と同様にbranches/developから分岐すると、xxxバージョン以降のソースコードも入ってしまいます。なので、特定バージョンに関連する緊急バグ対応は手順が少し異なります。, 緊急バグ対応の場合、tags/xxxからbranches/xxxに分岐します。例えば、「バグ管理番号 1123 受注画面の確定ボタンをクリックするとクラッシュする」に対応する場合、次のようにブランチを作成します。, 通常の開発と同様に、開発、テスト、レビューを行い、問題がなければリリースを行います。緊急バグ対応のリリースの場合、branches/xxxからbranches/releases/xxxに分岐します。, リリース作業が完了したら、branches/releases/xxxをtrunkにマージして、trunkをtags/xxxにコピーします。, また、開発中のソースコードにも反映する必要がある場合(普通、反映する必要がありますが)、branches/developにもマージします。, branches/releases/xxxをマージするとリリース先環境用の設定が入ってしまい困る場合、branches/xxxをマージすると良いでしょう。, もしtrunkのみで運用しているのであれば、ブランチ運用方針を文書化して周知したのちに、運用手順を最初から実行すると良いでしょう。ぜひ、導入してください!, 一つ注意としては、SVNユーザーは(私の観測範囲では)ブランチの扱いに慣れていないことが多いです。ですので、ある程度の学習コストは必要となるでしょう。また、ここではSVNコマンドで説明しましたが、WindowsにはTortoiseSVNとWinMergeという最強コンボがありますので、それらを使うべきです。, 運用手順でも説明しましたが、作業ごとにブランチを作成します。安全な作業のためですので、多少のメンドウは受け入れましょう。この時、1作業の作業量が多くなりすぎないように注意してください。生存期間が長いブランチは、マージでコンフリクトする危険性が高まります。ここら辺は、マネージメント技術やアーキテクトの分野ですが。, VSSではもろにコピーするので容量をバカ食いしますが、SVNのコピーはSVN内部で「コピーした」と記録されるだけですので、容量は(ほとんど)消費しません。気にせずどんどんブランチを作成しましょう。, ただ、SVNリポジトリ全体をチェックアウトしている人はブランチやタグを全てチェックアウトしてしまうため、自PCの容量を消費してしまいます。必要なブランチのみをチェックアウトして、他ブランチを見たい場合はswitchで切り替えましょう。, 例えば、自分の作業ブランチはbranches/1123なのに間違えてbranches/1124をチェックアウトして作業してしまった!というケースですが、これはさすがにチェックアウトするときに気を付けてくださいとしか言えないです。気を付けてください。, はい、メンドウです。正直、GitHubやGitLabが使えたら、SVNコマンドで説明していることのほとんどがWebブラウザでポチポチして終わる話です。GitHubやGitLabを導入できるよう、がんばりましょう。, ある程度開発が進んでから、「xxxの場所にトレース・ログ出力処理を追加すること」のようなポリシーができた、「xxx共通部品を作成したので、yyyという処理は全体的に修正」のようなケースです。プロジェクトによって、「1人が全て対応する」「作業者それぞれが対応する」に分かれると思います。, 「1人が全て対応する」場合は、branches/xxxを1個作成して対応を行い、branches/developにマージします。この時、他作業者(他ブランチ)が作業しているファイルも対応範囲である場合、コンフリクトに注意してください。, 「作業者それぞれが対応する」場合は、作業ごとにbranches/xxxを作成して対応を行い、branches/developにマージします。この方法はコンフリクトの危険性が非常に低い代わりに、ブランチを複数作成しなければならないメンドウさがあります。, CIサーバーでデプロイを行っているのであれば、CIサーバーのログを確認することで特定できるでしょう。そうでなくても、何らかの手段でバージョンを特定することができるはずです。実行ファイルのファイル名、ファイルのプロパティ、APIが返すバージョン、など。特定さえできれば、バージョンに対応するタグをチェックアウトすることで、ソースコードを確認することができます。, リリース後に、画面文言のスペルミスを見つけてしまった!修正したいけどブランチ運用は面倒だからtrunkを直接修正したい!といったケースです。, 慣れるまでは少々メンドウかもしれませんが、引き換えに気軽にコミットできる環境ができます。このメリットは想像するよりはるかに大きいでしょう。ぜひ、あなたの現場にも導入してください。, Tags:

.

村上信五 弟 画像 4, 見回る 見廻る 違い 12, 今日から俺は 明美 今井 7, 旅行作家 茶屋 次郎8 16, パイオニア ランナウェイ Cm 5, 羽生 木村 頓死 23, エーペックス 重い Ps4 6, 天才 漫画 無料 13, 脈なし 告白 Line 23, 映画 二重生活 ラスト の意味 12, お妙さん 近藤 好き 27, Lg テレビ ワイヤレスイヤホン 7, 謹呈 書き方 例 26, サメハダー 育成論 さめはだ 6, ドラクエウォーク 星5 アクセサリー 7, ドコモ システムズ 就職偏差値 35, Ito カードゲーム お題 18, 田中泯 若い頃 画像 8, ボードゲーム 自作 素材 23, 近鉄 自動放送 声優 4, バレー サーブ 速く 9, ワンピース 編 なんj 14, ボルケーノウィップ ダメージ 計算 9, ツイキャス プレミア配信 画質 38, ブラウン 洗浄液 継ぎ足し 4, ガスファンヒーター どこで 買う 4,