クーペ(F22)、カブリオレ(F23)、アクティブツアラー(F45)、グランツアラー(F46)がある。, 2019年10月16日、トランクリッドの付いたノッチバッククーペスタイルの4ドアハードトップセダン(厳密には4ドアサッシュレスセダン扱い)モデルの「2シリーズグランクーペ(F44)」が発表された[16]。主要メカニズムの多くとプラットフォームを3代目1シリーズ(F40)と共用する。, 2019年10月31日、日本市場で発表された[17]。「218iグランクーペ」および「M235i xDriveグランクーペ」が導入される。エンジンは最高出力140PSの1.5リッター直3・DOHC12バルブターボおよび最高出力306PSの2.0リッター直4・DOHC16バルブターボが搭載される。納車は2020年4月に開始された。, http://www.autocar.jp/news/2013/10/25/55591/, http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20140227_637175.html, “BMW JAPAN : 爽快なオープン・エア・ドライビングを提供する、BMWのコンパクト・ オープン・モデル 「ニュー BMW 2シリーズ カブリオレ」を発表”, http://news.bmw.co.jp/press/2015/03/25.html, “BMW 2 シリーズ カブリオレに、BMW グループの新世代4気筒 ガソリン・エンジンを搭載”, https://www.bmw.co.jp/ja/press/2016/20160901-b.html, “BMW 1 シリーズおよびBMW 2 シリーズ クーペの4 気筒ガソリン・エンジン・モデルに、BMW グループの新世代エンジンを搭載”, https://www.bmw.co.jp/ja/press/2016/20161130.html/, “BMW Mモデル「新型BMW M2クーペ」の予約注文受付を開始 - Autoblog 日本版”, http://jp.autoblog.com/2016/01/12/bmw-m2-coupe-jan-2016/, BMW M2クーペ限定車「BMW M2クーペEdition Black Shadow」発表, グラフィック・アーティストFUTURA 2000とコラボレーションした限定車「BMW M2 EDITION DESINGED by FUTURA 2000」発売, “【フランクフルトモーターショー13】BMW、コンセプト アクティブ ツアラー アウトドア 発表…小型MPVの市販に意欲 レスポンス”, http://response.jp/article/2013/09/12/206215.html, “【ジュネーブ2014】BMWのFFミニバン「2シリーズ アクティブツアラー」が初公開! - Autoblog 日本版”, http://jp.autoblog.com/2014/03/10/2014-bmw-ff-2-genevamotorshow/, BMW初のコンパクト4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」日本上陸 【ニュース】, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=BMW・2シリーズ&oldid=79928034, 2015年3月25日、日本市場向けにカブリオレが追加された。日本市場においては2.0L直列4気筒エンジンを搭載する「220i」のみが用意され、「Sport」「Luxury」「M Sport」の3グレードがラインナップされている, 2018年5月22日、BMW M2クーペ限定車「BMW M2クーペEdition Black Shadow」を発表。100台限定にて受注開始し、同年7月以降納車とした。 ブラックサファイアのボディカラーに、黒で統一したM Performanceパーツが装着される。専用のエキゾーストパイプ(ブラッククローム)や、ホイールもYスポーク・スタイリング763M(ブラック塗装)が装備される。, 2020年4月6日、BMW M2 CSを日本全国60台限定で導入すると発表。BMW Japanにて発表した時点で既に完売。プレスリリースでもその旨が記載されている。, 2020年4月23日、BMW M2 EDITION DESINGED by FUTURA 2000を世界限定500台、日本限定10台で販売すると発表した。現代アーティストFUTURA 2000とコラボレーションした限定車である。, 2014年2月14日に本国で発表され、2014年3月のジュネーブショーで初披露された, 2014年10月1日に日本仕様が発表され、同年12月に発売を開始。同仕様のエンジンは1.5 L・直3ターボ(「218i アクティブツアラー」、「218i アクティブツアラー ラグジュアリー」、「218i アクティブツアラー Mスポーツ」の3グレード)と2.0 L・直4ターボ(「225i xDrive アクティブツアラー Mスポーツ」)の2種で、前者には6AT、後者には8ATを組み合わせ、さらにxDrive(, 2015年5月20日、日本仕様に2.0 Lターボディーゼルエンジン「218d」を追加。ラインナップは218i同様に「218d アクティブツアラー」、「218d アクティブツアラー ラグジュアリー」、「218d アクティブツアラー Mスポーツ」の3グレードとなる。, 2016年1月26日、プラグインハイブリッドモデルである「225xe」を追加した。「218i」にも採用されている1.5L直列3気筒エンジンに、後輪駆動用の電気モーターを組み合わせている。専用バッテリーの設置スペースを確保するために燃料タンク容量が通常の51Lから36Lに削減されている。実燃費は街乗りで、リッター10.5~10.9kmと、あまり、コンパクト車両のわりには燃費が悪い。(218iアクティブツアラーの場合), 2015年2月11日、本国で発表。上述のアクティブツアラーをベースに、全長を210mm、全高を95mm拡大(いずれも日本仕様の場合)し、ホイールベースを110mm延長すると同時に、ルーフとBピラー以降の外板(リヤドア含む)を新設計とすることで、さらなる荷室空間の拡大と3列シート7人乗りを実現させている。なお、BMWの3列シート車は, 2015年5月26日、日本仕様が発表された(6月6日に発売を開始)。同仕様のパワートレインは1.5L・直3ターボ(「218i グランツアラー」、「218i グランツアラー ラグジュアリー」、「218i グランツアラー Mスポーツ」)と2.0L・直4(「220i グランツアラー スポーツ」、「220i グランツアラー ラグジュアリー」、「220i グランツアラー Mスポーツ」)、ならびに2.0Lターボディーゼル(「218d グランツアラー」、「218d グランツアラー ラグジュアリー」、「218d グランツアラー Mスポーツ」)の3種で、218iには6AT、それ以外には8ATを組み合わせる。xDrive(4WD)は「218d」系にのみ用意される。.

.

ファーミング シュミレーター 19 攻略, 焼きそば 粉末ソース 理由, デート~恋 とは どんなものかしら 動画 3話, 王将 ビール 量, ぷにぷに サンリオ ワイ ポイント, 大和ハウス 軽量鉄骨 坪単価, 外反母趾 インソール 病院, 立川 いのうえ ランチ, ブラインド 風 揺れ 防止, サクラエディタ Grep Excel 貼り付け, クロームキャスト Iphone 設定, 離乳食 卵白 初めて 与え方, タグホイヤー 買取 福岡, エクセル グラフ 軸 数値 消す, ディズニー オフィシャルホテル コロナ, Ios14 ウィジェット バッテリー消費, 返信 遅い から 仕返し, イラレ グラデーション 線, ニューバランス アウトレット ブログ, 嫌味 英語 恋愛, ニューオータニ メロンケーキ ビュッフェ, シャープ スマホ 取扱説明書, ガーベラ 鉢植え 花が終わったら, ヤフオク 非表示 商品 解除, コナン 安室 正体バレる アニメ, アマゾンプライム 配信予定 5月, もやし 山本ゆり スープ, 七 つの 大罪メリオダス エリザベス,