今年の健康診断では・・ 風邪でも数値上がりますか? ありがとうございました。, GOT…30 The Royal Society for the Protection of Birds 会員 先天的なものでしょうかね?」と獣医さんからは言われてます。 病院からはもらった γGTP69 AMY=アミラーゼ この場合、一年経った今でもC型肝炎や他の肝炎は疑われますか 昨日はかなり気が動転してしまいましたが、今は冷静です。 それらがこうした数値になる可能性を聞いたんですが答えてもらえず、近々また違う病院に行こうとは思っているのですが、風邪が完治してからと思っている為もう少し先になるので、もし数値への影響があるかどうかをここで教えてもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします。 すごく上昇していました。10倍ぐらい… 犬の血液検査のaltの値が正常範囲を超えてくることによって心配される疾患が肝臓の疾患です。 肝臓疾患といっても様々な症状がありますが、肝臓疾患の程度がaltの数値の高低にはあまり関係ありませんので、飼い主は日頃からaltの数値をしっかり把握しておくことが大切 です。 bunやtpの数値は、肝臓がどの程度機能しているかを知る目安になります。 これらの数値は肝臓以外の病気でも変動してしまうので、単独で見ても意味がありません。 それぞれを総合的に分析して、はじめて有益な情報が得られます。 レントゲン検査 去年、腎盂腎炎で救急病院に運ばれ血液検査をしたところ、GOTが169、GPTが155で医者に肝炎を疑われその後何度か検査に行きました。弱っていたので肝臓の数値が高くでてしまったのか、それとも他に原因があったのか今されながら心配です。その時の検査でも脂肪肝と言われ、一ヶ月摂生したところ数値は正常にもどりました。 薬を飲み続け1ヶ月毎に血液検査をしているのですがGPTの数値が 1分くらいでおさまりましたが、びっくりして先ほど検査に行ってきました。 【資格】 獣医師免許(1993年取得) 3週間服用した解熱剤のせいかもしれないので それによって、これからの治療がわかると思います。 気持ちが動揺していて、まとまっていませんが、お願いします。, 参考意見として御聴きください。 34才女性ですが、体重は、少なめなので、コレステロール・中性脂肪は、低い方です。アルコールは、週2回、ビールコップ1杯程度です。 それよりも肝臓の異常数値が見つかってしまい、 今回、検査をする2日前からは抗生物質を含む喘息の薬など計6種類ほどの薬を飲んでいました。, 健康診断の結果、肝臓の数値が 動物病院で血液検査を行った際に、その結果を理解するための手助けとなるように記事を作成しました。愛犬の血液検査の結果を片手にご覧ください。, ASTはアスパラギン酸アミノ基転移酵素の略称であり、以前はGOTと呼ばれていました。ASTは、細胞が壊れた際に血液中に漏れ出る「逸脱酵素」です。, ASTとALTは共にアミノ酸を作り出す酵素ですが、ALTのほとんどは肝臓に存在する酵素ですが、ASTは肝臓以外にも骨格筋、心筋そして赤血球にも含まれている酵素です。, 従って、肝臓に異常があった場合には、ほとんどの場合ASTとALT両方の数値が上昇します。そして、ASTだけが上昇し、ALTが正常な場合には、骨格筋、心筋そして赤血球などの異常を考える判断材料となります。, AST(GOT)高値の原因として、肝細胞の破壊の他に、骨格筋の障害や心筋の障害そして溶血性疾患が原因として考えられます。, ALTはアラニンアミノ基転移酵素の略称であり、以前はGPTと呼ばれていました。ALTは、細胞が壊れた際に血液中に漏れ出る「逸脱酵素」です。, ALTとASTは共にアミノ酸を作り出す酵素ですが、ASTは肝臓以外にも骨格筋、心筋そして赤血球にも含まれているのに対し、ALTはほとんど肝臓に存在する酵素なので、肝細胞障害検出の特異度が高いです。, ALT(GPT)高値の原因は、AST(GOT)と比較して他臓器への分布量が少ないため、肝細胞の破壊を起こす肝疾患に特異的であるといわれています。, ALPはアルカリフォスファターゼの略称で、誘導因子により産生される「誘導酵素」です。ALPは、生体の細胞膜に広く分布していますが、特に肝臓や胆道系に多く含まれているので、肝胆道系疾患で上昇します。, また骨代謝にも関与しているため、骨疾患でも上昇する他、子犬では骨の新生が盛んなためALPが成犬の2~3倍の高値を示すことがあります。, さらに、グルココルチコイド(ステロイド)に誘発されてALPの産生が増加することも知られています。, ALP高値の原因は、肝胆道系疾患と骨由来、そしてグルココルチコイド(ステロイド)誘発性などのその他の原因に分類されます。, 検査結果が正常値を外れている場合でも、必ずしも病気とは限りません。病気は、血液検査のみならず身体検査や他の検査も行って診断していきます。状況により、経過観察を行ったりさらに詳しい検査を行うことがあります。, 犬の肝酵素(AST,ALT,ALP)の異常上昇に関わる追加検査として、レントゲン検査、超音波検査、そして肝細胞機能異常を検出する血清総胆汁酸の測定が考えられます。, また、犬の肝酵素(AST,ALT,ALP)の上昇と肝臓の疾患の重症度は比例しない、と言われています。そのため肝酵素と同時に、アルブミンの低下や血液尿素窒素(BUN)の低下、そしてアンモニアの増加なども併せて測定し、肝臓の機能を評価する必要があります。, 血液検査の結果で心配な事がある時には、動物病院で獣医さんに遠慮なく質問してみましょう。, 急性/慢性肝炎、胆管炎/胆管肝炎、肝硬変、薬物性(グルココルチコイド、フェノバルビタールなど)、肝臓への血流量の低下や低酸素症、, 正常値は、機械や検査会社ごとによって異なりますので、血液検査に記載されているデータを参照してください。参考正常値として、, 検査結果が正常値を外れている場合でも、病気とは限らないので、担当の獣医さんに良く話を聞くようにしましょう。. お腹が痛いなど 「今後は肝臓用のフードに切り替えてみては?」と指導されてます。 「肝臓は強いので再生します」 GOT46 GPT59 γ-GTP156 医者は薬剤性の肝臓障害を指摘していますが、甲状腺ホルモン(チラージンS)を断つことは出来ませんので、薬剤性の肝臓障害であるかどうかは確認は出来ません。しばらくは、また毎日肝臓に効く点滴で様子を見ましょうということになりました。 私はお酒は飲みませんが、やはり肥満です。痩せればよくなるんでしょうか。まだ20代前半の♀です。 γGTP…64 γGTP68 体質で肝臓の数値が高いとしても、肝臓がダメージを受けているから高い数値が出るわけで、放っておいていいわけがないと思うのですが・・。 なぜか数値は正常なんですが・・。 医者にこれは肝臓かなり危ない。消化器内科に行きなさいと言われ来週予約しましたが、そんなに私の肝臓は悪くなってるのでしょうか。 という、いずれも正常値を越えていました。 てんかんの原因かと思われる糖尿の疑いは無く、血液検査でははっきりしたことはいえないといわれました。 3週間前の血液検査では 獣医師監修!宿南章が犬の立場になって進化の過程、進化栄養学など様々な角度からワンちゃんを飼う際のお役立ち情報を発信しています。, 動物病院で愛犬の血液検査をしても、検査項目と検査数値の関係や数値と病気との関係があまりよく分からないという飼い主さんが多くいます。, 犬の血液検査の中でALT(GPT)という項目がありますが、ここではその意味や、数値によってどういった病気の疑いがあるのかとの関係についてまとめていますので、参考にしてみてください。, ALTはアラニンアミノ基転移酵素(アラニンアミノトランスフェラーゼ)と言い、GPTはグルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼの頭文字をとっています。, 昔はGPTという言い方が主流でしたが、最近ではALTと言うことが多いので、動物病院で獣医さんから説明を受ける場合もALTという言い方で説明を受けることが多くなっています。, しかし、ALTもGPTも呼び方は違いますが、同じ物質のことを示していますので検査表にALTとある場合はGPTのことと知識として知っておきましょう。, ATLは肝臓の細胞で作られていますが、犬の場合、肝臓から分泌される酵素のうち特にアミノ酸の代謝と関わりが深くあります。, ALTの血液検査での正常値は20~70U/Lで、もともと血液中にはあまり多く存在しないというのが正常な状態です。, したがって、血液検査で低い数値が出ても問題ありませんが、数値が高いときは体の異常、特に肝臓がかなり弱っている可能性があるので注意が必要です。, このため、血液検査でALTの数値が正常数値である20~70U/Lを超えて高くなっていると肝臓が何かの原因で調子が悪いということになります。, 肝臓が弱っていることによって、本来肝臓にあるべきALTが血液中に漏れだしていると考えておきましょう。, 血液検査においてALTの値が正常値よりも低くても問題ありませんが、数値が高ければ高いほど肝臓の障害が酷い状態になっていると疑われます。, 肝臓に疾患を持つ愛犬は意外と多くいるので特に健康そうに見える愛犬でも100U/Lを超えてしまっている場合は決して珍しいわけではありません。, しかし、血液検査におけるALTの数値が1000U/Lを超えているという場合は、体内で大きな問題が起こっているということが考えられますので、飼い主様は獣医師とよく相談してその原因を突き止めた上で治療を始めなければいけません。, 犬の血液検査においてALTの数値が高い場合の疾患として一番疑われるのは肝臓に関する疾患です。, 本来肝臓にあるべきALTが血液中に漏れ出してきていることで血液検査のALTの値が正常範囲を超えている可能性があります。, 肝臓に何らかの問題があると、肝臓の本来の機能がしっかり働かないので、肝臓にあるべき酵素であるALTが血液中に存在していると考えるのが一般的です。, しかし、肝臓における疾患だけでALTの数値が上昇するというわけでもありませんし、犬でも個体差がありますので健康上何の問題がなくてもALTの数値が上がりやすい愛犬もいます。, ALTの値が低い、または正常範囲内であっても肝臓疾患を抱えている場合もあり、いろいろなケースが考えられますので、血液検査のALTの数値が高いというだけで勝手に肝臓病であると決め付けずに、専門の動物病院の獣医さんとよく相談しましょう。, ALTの数値が正常範囲内よりも少し高いという場合でも、全く健康上問題ない場合もありますが、非常に重症の状態である場合もありますので、数値が低いからあまり症状が重いものではないという判断はできません。, 肝臓が少しダメージを受けているせいでALTの値が少し高いということもありますが、慢性の肝炎を起こしているときは肝臓疾患が重症化していてもALTの数値があまり上昇しません。, 人間の場合の脂肪肝はお酒をたくさん飲む人などが原因である場合が多いのですが、犬はお酒を飲みません。, 犬の場合、脂肪肝の原因はいろいろありますが、主に食事を必要以上に食べることによる肥満が原意で愛犬が脂肪肝になることが多くあります。, また、肝臓に脂肪が必要以上に付着するということは肝臓の機能が衰えていたり、肝臓についた脂肪の代謝が上手くいっていないという原因も考えられますが、一方慢性肝炎であることが原因で肝臓機能を徐々に衰えてきたり、脂肪の代謝がうまくいっていないことが考えられます。, これらが原因で起こる血液検査におけるALTの値は突然上昇するということはありません。, 慢性肝炎が原因でALTの数値が上がっている場合、問題は深刻ですが、食べ過ぎが原因で肥満になったことが原因でALTの数値が上がっている場合は、食事制限や適度な運動をさせることによって徐々に改善されていきます。, ALTの数値は正常範囲よりも少し高いという60~100U/Lくらいの状態が続くという場合は慢性的な肝臓の疾患、慢性肝炎が疑われます。, 肝臓というのは、解毒やたんぱく質の合成や分解、ビタミンやホルモンの生成、消化酵素の生成など他にも様々な働きをしている生命活動にはなくてはならない臓器です。, 慢性肝炎になると徐々に生命を維持するために必要な機能が失われていきますので他の臓器などにも悪影響を与えます。, 慢性肝炎に陥っているとなかなか完治治療というものができませんが、専門の獣医さんとよく相談して慢性肝炎の治療を始めることが重要です。, また、慢性肝炎になると治療の一貫として食事制限などがありますので、専門の獣医の指導の元、食事やおやつに内容を見直す必要があります。, ドッグフードを利用している場合は、一般食ではなく肝臓病を患っている愛犬用のドッグフード(療法食)を利用すると良いでしょう。, 獣医師である宿南章が犬の肝臓病用の療法食として処方した「肝臓サポート」のドッグフードも参考にしてみて下さい。, 肝硬変というと人間でも肝臓疾患としては重症なので非常に病状が心配される疾患ですが、犬の場合も肝臓疾患の中でも重篤な症状であると考えてよいでしょう。, 肝臓機能が非常に下がっているのでALTの数値も非常に悪化するというものでもなく、肝硬変でもALTの数値が正常値よりも少し高い60~100U/Lくらいの範囲内であることも珍しいことではありません。, 肝硬変になると正常な肝臓の細胞がダメージを受けて死んでいきますが、死んだ肝臓細胞の周りにコラーゲンの繊維が肝臓に入り込んで増殖することによって、肝臓自体が硬くなってしまいます。, 肝臓の末期症状である肝硬変の進行を遅らせるだけの対処療法になり、飼い主は愛犬の余命を覚悟しなければならない段階になります。, ALTの数値はあまり高くなくても、肝硬変になっても飼い主が愛犬の健康状態の異常に気がつかないということはありません。, ALTの値があまり高くないから健康であるというものではなく、ALTの数値が少し高いだけでも重症の肝臓疾患を起こしていることもあるので油断してはいけません。, 健康上問題がないのに血液中にあまり多く存在しないALTの値が正常範囲内をはるかに超えている場合は、急激な肝臓へのダメージがあった、重い肝臓障害ということが疑われます。, 急激に非常に高いALTの値になるということは慢性肝炎などが原因しているわけではなく、何らかの原因で肝細胞が急激にダメージを受けているというようなはっきりした原因があることがほとんどです。, 一般的には大人の犬はあまりかからない病気ですが、子犬などは感染しやすく、感染して肝炎を発症すると非常に早いスピードで肝臓を破壊されるのでALTの値が通常よりもかなり高い状態になります。, 体調が悪いことなどにより、薬を服用した際に副作用として肝機能に障害が出る場合に、ALTの値が急激に上昇することがあります。, 薬によっては肝障害を引き起こす可能性がある薬もありますので、薬を服用させる場合は愛犬が薬によって副作用を起こしていないか注意深く様子を見ることが重要です。, 人間の場合でも犬の場合でも薬を飲むということはどんなに弱い薬であっても何らかの副作用が起こる可能性がありますので、初めての種類の薬を服用させるときは、しばらくしっかり様子を確認しましょう。, 抗がん剤は服用することによって高い確率で肝機能へのダメージがあるためにALTの数値が確実に上がると言うものもあります。, また、薬を愛犬に与えているつもりではなくても、人のための薬が床に落ちていたものを誤飲したりすることによって、薬剤性障害が起こる可能性もありますので十分注意しましょう。, 愛犬が散歩の途中で口にしたものや、家の中や犬小屋の付近においてある化学薬品を誤って飲んで体内に入れてしまうことで中毒症が起こり肝機能障害になりALTの数値が急激に上昇することがあります。, 犬小屋の近くなどに殺虫剤や除草剤、化学肥料などを置いておくと、飼い主の目が届かない時に誤って口にしたり、いたずらで薬品を口にすることがあります。, また、洗剤や漂白剤、金属など口に入れてはいけないものを誤飲することによって肝機能障害を起こすことがあります。, 薬品によっては非常に強いものもあり、一気に肝臓機能が下がり急性肝炎や急性肝不全を起こして命を落とすこともあります。, 散歩中にアスファルトを舐める愛犬もいますが、アスファルトも有害化学性物質ですのでアスファルトを愛犬が舐めている場合は注意しましょう。, 自分の動く範囲で触れることができるならば何も知らずに触ったり、舐めたりして当然です。, 愛犬が化学薬品によって中毒症状を起こし、肝機能障害になることのないように日頃から注意しましょう。, 事故など外部からの強い力によって愛犬の肝臓が傷つけられて肝機能が一時的に低下することによってALTの数値が急激に高くなることがあります。, 事故などに合った場合は、動物病院などでしっかり検査してもらって内臓にも問題がないか調べてもらいましょう。, また、事故にあってALTが下がっている場合もあるので、心当たりの事故がある場合は獣医さんにその事実をしっかりと報告し、相談しましょう。, 事故による肝臓の損傷は大きな損傷でない限り、時間と共に治癒してきてALTの数値も下がってきます。, 肝臓ではなく、胆のうや胆管という臓器の疾患によってもALTの数値は急激に上昇します。, 胆のうがん、胆管がん、胆のう炎という症状の場合ALTが上昇することを覚えておきましょう。, 肝臓がんのステージが低い場合は、ALTの数値はあまり高いものではありませんが、肝臓がんが大きくなり、徐々に肝臓をおかすとALTの数値は非常に上がります。, 犬の血液検査のALTの値が正常範囲を超えてくることによって心配される疾患が肝臓の疾患です。, 肝臓疾患といっても様々な症状がありますが、肝臓疾患の程度がALTの数値の高低にはあまり関係ありませんので、飼い主は日頃からALTの数値をしっかり把握しておくことが大切です。, 犬の肝臓は非常に生命維持のために様々な働きをしていますが、非常に我慢強い臓器でもあり、肝臓にトラブルが発生していてもなかなか症状に現れないということが[…], 愛犬の血液検査でアルブミンの数値が正常値を外れていると言われてしまった経験はありませんか?血液検査のアルブミンとは何のことなのか、アルブミン値が低いな[…], 愛犬の健康に気を付けている飼い主さんは多いですが、そんな飼い主さんでもなかなか気が付かない病気が、肝臓がんです。 肝臓がんは、別名「サイレントキラー」[…], 動物病院で血液検査をした結果AST(GOT)の数値が標準よりも高いと言われても、AST(GOT)とは何なのか、また、高いとどんな病気が心配されるのかよ[…], 動物病院で愛犬の血液検査をしたら、ALP(アルカリフォスタファーゼ)が高いと言われたけれど、ALP(アルカリフォスタファーゼ)とは一体何なのかよくわか[…], 【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら) AMY2767 GPT90 体重は今4kg程度で避妊後という事もあって GPTがものすごく上がってます。, 3週間微熱が続いておりまして 食事には気を使っている方だと思うので、余計に不安で仕方ありません。 愛情を持ってますし,長く一緒にいたいとは思いますが 尿以外は毎年こんな感じで心配だったので、去年B・C型肝炎の検査や、エコーなどをしたのですが、「肝臓は綺麗だし肝炎もないので体質でしょう」と言われたそうです。 検査の結果、肝臓や腎臓の問題はなかったのですが hct(ヘマトクリット)の数値が高いとの事。 このhtcは、血液中の赤血球の割合です。 犬の場合で、通常37~57%のところ、 今日の検査では、60.1%あ … 1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習 1週間通院して点滴で様子をみましょうと言われましたが 血液検査の数値は正常なのに肝臓が悪い、ってこともあるのでしょうか? てんかんならば、悪化を予防する前にどれくらいの頻度に発作が起こるかによって対処は変わります。なので、頻度、発作時間、意識はあったのか、どんな体勢で、前兆はなかったか、等をあわてないで観察し、主治医の先生に報告してください。発作時は刺激の無いように柔らかい毛布か、だっこするか、そっとそのままにしていれば重積しない限り1~15分程度でおさまります。治療は一般に発作を抑える薬を毎日飲むか、発作時に発作が重積しないように座薬を入れます。他、サプリメントが効果あるときもありますが効果のほどは不明です。 1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間) お願いします。, 血液検査で肝臓の数値が高値でした。 3週間後の血液検査で 再検査で、正常値に戻っていた人は、いますか。 なんの病気の可能性がありますか? かなり不安だとは思いますが、あまり気を張りすぎないで、一息余裕を持って見てゆくのが対処の成功と長続きのカギだと思います。 特にALPの数値は以上です。 r-GT(r-GTP)の数値が基準値より高くなると、全身がかゆくなるんでしょうか?, 先日血液検査をしたところ、GOTは22、GPTは41と基準値以内だったのですが、γ-GTPが53ありました。 再検査となったのですが、考えられる原因ってなんでしょう。 脱臼については、小さい頃手術を勧められましたが、必ずしも100%の確立でないこと(50パーセントくらいだと言われ)から、当時外にお散歩に行くのさえ怖がるコに、大変な手術を受けさせることを拒みました。 (GOT,GPT、ガンマGTPすべて10~20) 日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。 ALT125 アルコールは一滴も飲まないので、 エコーでみてもらったところ、中度の脂肪肝でした。このγ-GTPというのは、脂肪肝で少し数値がたかくなっているんでしょうか・・・ あなたもQ&Aで誰かの悩みに答えてみませんか?, http://homepage2.nifty.com/tets2/byouki/cbc.html. でした。 肝臓にかかわる数値が もし1週間後も数値が下がらなかったら γ-GTP=腎臓、肝臓、膵臓などでアミノ酸の代謝に関係する酵素。 健康診断で「お酒の飲み過ぎだよ!」と言われた人は肝機能値のγ-gtpが高くありませんか?γ-gtpの数値が高いと何がいけないのか、下げるために必要な断酒期間や効果的な肝臓サプリなど、高めのγ-gtpと付き合う時の知識をまとめました。 この数値を下げる有効な方法などありましたら教えてください。, 11ヶ月の猫・雑種♀(避妊済)を室内で飼っています。 検査の結果、肝臓や腎臓の問題はなかったのですが hct(ヘマトクリット)の数値が高いとの事。 このhtcは、血液中の赤血球の割合です。 犬の場合で、通常37~57%のところ、 今日の検査では、60.1%あ … 頑張ってください。, 大変詳しいご回答、まことにありがとうございます。 (GOT246 GPT348 LDH492 ALP738 γGTP302) 薬を飲み続けているにも関わらず数値が上がったり下がったり… 食事は市販の猫用のものしか与えていません。 総コレステロール 244(HDL 82) 肝臓の数値が異常です。本人(ワンコ)は元気そうです。免疫介在 特発性 多発性関節炎にかかりました。昨年12月の半ば頃から、食欲不振、体の震え(恐らく発熱によるもの)で、病院に連れて行き(12月末頃)、血液検査では、白血球とCRPの数値が上昇していたため、細菌感染の腸炎と最初は診断され、抗生剤の内服薬と注射で治療していました。しかし、回復しないため、抗核抗体の検査もしましたが、陰性でした。次に関節液の検査をしたら、炎症反応がありました。その結果、免疫介在 特発性 多発性関節炎と診断されました。外的な症状は出ていません。日常生活は普通にできています。散歩(歩行)も普通に行きます。病名がわかったのは、今年1月の初めです。7歳のオス(1月産まれ)です。ダルメシアンとボーダーコリーのミックスです。近親相姦によって産まれた子です。父親はボーダーコリーで、母親はダルメシアンとボーダーコリー(父)のハーフです。(この病気が遺伝的なものなのかもわからないので、血筋を書きました)治療は内服薬でステロイドを最初は使っていましたが、臓器の負担を考え、免疫抑制剤を投与してもらいました。シクロスポリン(シクロキャップ50㎎1日一回)とアザチオプリンの2剤です。最初は副作用のせいか、食欲が落ち、嘔吐もありましたが、胃薬を2剤(シメチジンとプリンペラン)投与してもらい飲ませたら、それらの症状は無くなりました。抗生剤(ビクタス)も飲ませています。ステロイドは一緒に飲ませていました。量を1錠から半錠に減り飲ませていました。それで、血液検査をしたら、肝臓の数値が異常に上がりました。GPTが961でAlPが2125でした。症状は特に現れていません。食欲もありますし、嘔吐や発熱もありません。体温38.7℃、体重18.5kg(元気な時は20㎏はありました。それで、肝臓のエコーを診てもらいましたが、異常なしでした。(犬が動くので詳細までは診れなかったと獣医師は言います。)次に副腎の検査をしました。ステロイド(プレトニゾロン)を飲んでいたので、正確な数値は出ないことは解りながらの検査でした。結果は異常に低い数値が出ました。1回目の血液検査では、0.20、2回目(副腎注射後)では、0.60でした。獣医師はこのような結果は見たことがないと言いました。他の数値と合わせて診ると、クッシング病やアジソン病ではないと言われました。ステロイド(プレドニゾロン20㎎)を1錠を1日一回を1ヶ月弱飲んで、その後、半錠になり、約2週間飲んでいました。(1月半ばの検査ではGPTは238でした。ステロイドを飲み初めて約2週間後の時です)このような結果が出たので、今はステロイドは飲ませていません。(今日で2日目)です。今は肝臓の総合薬も飲ませています。ステロイドでこのような結果はあるのでしょうか?体に異常があるのでしょうか?宜しくお願い致します。, 多発性関節炎でステロイドや免疫抑制剤を投与する場合,肝酵素上昇は必ず起こります。犬では副腎皮質ホルモンの投与により,他の動物種と異なりALP(アルカリフォスファターゼ)が上昇します。さらにALT(アラニントランスフェラーゼ)の上昇を伴うのはステロイドによる肝腫大や基礎疾患から肝障害が併発する結果であることが多いと言えます。ステロイドの反応が悪かったり,副作用が強い場合には,副作用の少ないシクロスポリンなど他の免疫抑制剤に切り換えるか併用を行います。今回は副作用が強いアザチオプリンが用いられているとのことですが,この薬は肝障害を誘発しやすい薬です。なお,ご質問の中で“1回目の血液検査では、0.20、2回目(副腎注射後)では、0.60でした。”との記載がありましたが,前後の流れから,ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)負荷試験による血中コルチゾール値のことと推測しています。ステロイド投与中やステロイド投与後まもなくであれば,自分の副腎は抑制されているため皮質機能低下症の状態になりやすいです。もともとアジソン病がなかったどうかを最初に同様の検査をしていないとわかりません。ステロイドや免疫抑制剤などを投薬する必要がある疾患の場合,お薬の副作用はしばしば認められることは多いので,定期的な検査を行い,処方を調節する必要があります。いずれにしても,症例毎に治療効果や副作用が大きく異なる疾患や治療方法については,我々専門家といえども診察もせずに一部の検査結果のみで判断することはできません。まずは主治医の先生から十分にご説明を受けて頂くことをお薦めします。また,飼い主様が投薬方法を勝手に変えないようにして下さい。副作用が心配で飼い主さんの判断により、どうしても薬を変更した場合などは、必ず先生に伝えて頂かないと,検査の読み方も異なり,適切な治療が出来なくなってしまいます。主治医の先生とよくご相談しながら治療を頑張ってください。, ご回答ありがとうございます。ご丁寧に説明して頂いてありがとうございます。肝臓の数値は徐々に下がってきております。GPTは、324 → 119にまで下がりました。肝臓の総合薬を飲ませているからかもわかりません。免疫抑制剤はシクロスポリンとアザチオプリンの2剤は飲ませないといけないと言われました。どちらも薬の量は最低限の量より少ない言われました。また、どちらか片方だけでは、効きが弱いと言われました。副作用について聞きましたら、気にするほどではないような感じに言われました。ステロイドは、獣医師の判断で、前回の肝臓の数値が上がった時から飲ませておりません。白血球もCRPも正常のままです。状態が落ち着いていても、これらの免疫抑制剤は半年は飲ませ続けると言われました。途中で止めると、次に数値(白血球、CRP)が上がった時に、薬が効かなくなる可能性があるので、早期に止めることができないと言われました。アザチオプリン以外の免疫抑制剤ではダメなのか聞きましたら、これがベストな薬だと言われました。副作用が心配です。特にアザチオプリンは副作用があることを教えて頂きありがとうございます。自分でも少し調べましたら、副作用で悪性腫瘍のリスクが高くなるともありました。また肝臓の数値が異常に上がったのは、外部からの要因が大きいと言われました。拾い食いをさせたのではないかと言われました。拾い食いはさせないように注意して散歩に連れて行っております。副作用に関して、これから更に半年も免疫抑制剤を飲ませ続けると、どうなるのでしょうか?かといってステロイドに戻せば、もっと副作用が心配です。副作用の心配がない他の免疫抑制剤はないのでしょうか?シクロスポリンは副作用は少ないと教えて頂きましたが、やはり、シクロスポリンだけでは効かないのでしょうか?また半年も必要なのでしょうか?色々と伺って申し訳ございません。宜しくお願い致します。, このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。.

.

ユピテル Dry St500p 取扱説明書 14, アメトーク ジャニーズすごいぞ芸人 Dvd 22, Thinkpad E14 Gen 2 7, Zoom背景 部屋 画像 15, シートポスト 固着 ハンマー 5, タイから 車 輸入 4, 俺ガイル Ss いろは 感動 10, スカッと ジャパン 動画 2019 59, タイムマシーン3号 山本 バックナンバー 54, 太陽にほえろ! 山さん 現在 32, Hood Sound ホームページ 17, Fm802 栞 Mp3 4, 客 を奪う 英語 7, Nhk秋田 アナウンサー 坂本愛 35, 夜会 1月17日 動画 14, 小島瑠璃子 水着 Naver 10, ミサワホーム Cm 世田谷y 女性 6, 月の民 グラブル 言語 6, ポップな心霊論 生まれてはじめて 霊 視 をしてもらいました 13, 嗚咽 スレ 気持ち 悪い 4, 江口洋介 自宅 成城 12, Mc 月 合 相性 7, アンダーテール ネタバレ サンズ 23, マイクラ ピクトハウス サバイバル 10, アドニス ネタバレ 129 18, 凪 名前 読み方 4, コードヴェイン 攻略 エンディング 12, 人間失格 ドラマ 最終回 22, 春待つ僕ら 完結 ネタバレ 5, 新松戸 いちげん 事件 53, アコギ フィンガー ピック おすすめ 5, トップ ハム ハット 狂 身長 56, 郷ひろみ の バンド 12, 留学生 じん 料理 24,