そんなダットラの再来とでも言うべき日産のカッコいい新型トラック「ナバラ」をご紹介する!, 日産は2020年11月5日、ピックアップトラックの「ナバラ」の新型モデルを発表した。国によっては「NP300ナバラ」「フロンティア」などの名で売られるD23型トラックは、2014年にフルモデルチェンジを実施。スペインやタイ、中国などで生産されるグローバルモデルで、今回大きな改良を図った。 日産自動車は、2020年11月5日、ピックアップトラック「ナバラ」と「フロンティア」のフルモデルチェンジを発表した。これらの車種は、海外で生産販売を行っている世界戦略車のひとつだ。 日産の80年以上に及ぶピックアップトラックの歴史を受け… 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, 海外の田舎町でふと見かけた見慣れない日本車にグッと惹かれることがある。その代表格は「ピックアップアップトラック」。中でも80年以上に渡り生産し続けている日産のトラックは、世界で愛され続けているロングセラーモデルだ。40代以上の方なら、ダットラこと“DATUN(ダットサン)”の名でピンと来るはず。 そうした旺盛な需要に応えるべく、今回のモデルチェンジは剛性強化や足回りの改善、静粛性の向上によって、快適性や運転性能が高められた。安全面では、インテリジェント エマージェンシーブレーキ(緊急自動ブレーキ)やインテリジェント FCW(2台先の動きを検知するシステム)など、乗用車同等の先進運転支援技術も備わる。さらにアラウンドビューモニター(360度モニター)四駆の低速走行時の周囲を確認できるオフロードモニターも追加された。, 新宿のカプセルホテルが“仕事用スペース”に変身!? 日本では2002年にD22型の販売を終了しているため、ダットサントラックはすっかり過去の名称になってしまった。しかし名前こそ変わってしまったものの、85年に渡る歴史を重ね今も世界で戦い続けている日本車であることに変わりはない。, 世界で愛されるピックアップトラックの日産 ナバラ。単なる商用車としての用途に留まらず、悪路が多い新興国ではファミリーカーとしても重宝されている。さらにアウトドアレジャーなどの趣味の道具をどっさり積み込めるレジャー用途車両としても、古くから根強い人気を誇る。 ※車両本体価格は2020年11月現在の東京地区メーカー希望小売価格(消費税込)です。税金(消費税を除く)、自賠責保険、販売諸費用、オプション価格(メーカー、ディーラー共)、付属品価格などは含まれておりません。 ※掲載されている写真の一部は合成写真となります。 日産新社長内田誠氏が2020年度に全5車種を新型車投入することが発表した。デイズルークス、ノート、エクストレイル、キックス、新型電気自動車が投入されるという。どのようなクルマなのかを日産販売店営業へ取材した情報を元に解説する。 ナバラのご先祖は、戦前の1935年から生産を開始した「ダットサントラック」にまでさかのぼる。戦後から10数年後の1950年代からは早くも輸出を開始。1980年代には北米での現地生産も始まっている。ダットサンはトヨタのハイラックスと共に、日本車の名を真っ先に世界へ広めた功労者(車)なのである。 日産のタイ法人は、新型「キックス」の特別仕様車「キックス e-POWER with Premiere Edition」を発表しました。現地では500台限定で発売されます。 ※当お見積り価格はご参考価格です。画面に表示された価格、またはその画面をプリントアウトしたものに印刷された価格は、販売価格としての効力を有しません。 ※価格はメーカー希望小売価格(消費税込)です。価格は販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問い合わせください。掲載のメーカーオプション、ディーラーオプションは一部です。詳しくはスペック装備一覧をご覧ください。 ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 高速道路SA・PAのEV用急速充電器はなぜ増えない? 背に腹はかえられない切ない事情, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…, ダットサントラック再来!? ※仕様ならびに装備は予告なく変更することがございます。 無断転載を禁じます。, ■“はたらくクルマ”にこそ、クルマの根源的な魅力がつまってる! 奥深い商用車の世界, ■光岡初のSUV「バディ(Buddy)」は超お洒落な80’sアメリカンSUVだった!, ■これだけVIP装備でも価格460万円! ホンダ新型オデッセイ、最上級グレードがおすすめの理由とは. 日産エクストレイル(x-trail)の公式サイト。エクストレイルのカタログ情報、カタログ請求、試乗車・展示車の検索、見積りシミュレーション、他車比較などができます。減税、エコカー情報など。 日産自動車は、2020年11月5日、ピックアップトラック「ナバラ」と「フロンティア」のフルモデルチェンジを発表した。これらの車種は、海外で生産販売を行っている世界戦略車のひとつだ。 日産 … ※特別塗装色およびスクラッチシールドをお選びの場合、他のボディカラーと車両価格が異なります。 日本車を世界に広めた功労者(車)「ダットサン」の後継モデル. プロも購入済み 新型ホンダeはEVの新境地を開いた! …のか?, マイルドHVは242万円から!!! ※3D画像はCGによるイメージ画像です。実際の色とは異なって見えることがあります。 ■ゴツカッコいい! 最新の“ダットラ”を写真でサクッと見てみる[画像52枚] 改良により魅力をアップする日産新型マーチについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。, 日産・マーチは、ブランドのエントリーコンパクトカーとしてラインナップされ、軽快な走りと低価格が魅力のモデルとなっています。, ビッグマイナーチェンジを受ける新型マーチでは、ブランドの新世代デザインによりエクステリアを大幅変更。, 【日産新型ノート最新情報】フルモデルチェンジ!ニスモやe-POWER、価格、サイズ、燃費は?, 日産新型マーチの外装は、ブランドデザインのVモーショングリルを拡大することで、質感が高められます。, 現行モデルは小型のVモーショングリルを採用し、コンパクトカーとしてのフレンドリーな印象が重視されていましたが、新型マーチではブランドの他モデルとの共通性を高め、より先進的なデザインに仕上げられます。, 改良では大型のインフォテインメントディスプレイに対応し、ステアリングホイールも引き締まったデザインに変更。, シートには複数のカラーを設定することで、好みにあったスタイルを楽しむことができるようになります。, 日産新型マーチのパワートレインには、ベースモデルとマーチNISMOに1.2Lガソリンエンジン、ハイスペックモデルとなるマーチNISMO Sに1.5Lガソリンエンジンが採用されます。, 1.2Lガソリンエンジンは、直列3気筒とすることにより1気筒あたりの排気量を最適化し燃焼効率を向上。, スポーツモデルとなる新型マーチNISMOでは、トランスミッションに5速マニュアルを設定。, 上位グレードのマーチNISMO Sではエンジンの排気量を1.5Lにアップし、ベースモデルから大幅に出力をあげた116ps/15.9kgmのスペックによる走りを楽しむことができるようになります。, 安全装備には、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や、前進時には壁などの構造物だけでなく、歩行者も検知、後退時にも障害物を検知し、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる前方・後方への急発進を抑制し、衝突回避を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」を全車標準装備。, さらに、「ハイビームアシスト」や「LDW(車線逸脱警報)」などの先進安全技術も全車標準装備とし、「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」に該当します。, 日産新型マーチの燃費は、より実燃費に近い新燃費規格WLTCモード値で18.6km/Lとなります。, FF車のみをラインナップすることで、軽量な車体による軽快な走りを楽しむことができるようになります。, 日産新型マーチのボディサイズは、コンパクトモデルとして全長が3825mmに抑えられます。, 同じくコンパクトカーとして設定されている「ノート」と比較すると、全長-275mm、全幅-30mmとされ、取り回しやすい設計となります。, 日産新型マーチの価格は、デザインの変更が主になるため大幅な変更はされない見込みです。, スタート価格は130万円ほどとされ、駆動方式をFFのみとすることで手頃な価格感がアピールされます。, ビッグマイナーチェンジを受ける日産新型マーチの発表は、2020年内が予定されています。, 現行モデルは2010年から販売されるロングライフモデルになっていますが、日産は新しいデザインと安全装備の採用により、選びやすいエントリーコンパクトカーとしてアピールしていく予定です。, 日産マーチ(MARCH)は、初代が1982年に登場したハッチバックコンパクトカーです。, 「MARCH」の車名の由来は、英語で「行進曲」「行進」「3月」から来ており、「サニー」と同じく一般公募で命名されました。, 欧州では「Micra(マイクラ)」のモデル名で販売され、由来は小さな長さの単位である「Micron(ミクロン)」の複数形からきています。, 初代は「扱いやすいコンパクトなボディに大人4人が快適に移動できるキャビンを持つパッケージ」をコンセプトとして開発。, 基本デザインは著名デザイナーのジョルジェット・ジウジアーロが担当したことで、人気になりました。, 派生車種として、現在でもファンが多いパイクカーの「Be-1」「パオ」「フィガロ」なども製造されました。, フルモデルチェンジまで5~6年が多い日本車では珍しい長いモデルサイクルは、その後もマーチの特徴となっています。, 開発は日本と欧州で主力車とするべく力がいれられ、”安いが低品質”というコンパクトカーの常識を変えたとされた快適性が高い評価を受けました。, これに、同等の商品力をもったライバル車の登場が1990年台中盤まで遅れたこと、バブル崩壊によりコンパクトカーの経済性が見直されたことなども重なり、大人気車種に。, 派生車種として初代「キューブ」も開発され、当時深刻な経営状態だった日産を救う車種となりました。, 駆動方式にはFFに加え、電動式四駆「e-4WD」も用意され、4輪駆動による燃費の低下が抑えられました。, 欧州ではクーペカブリオレとした「マイクラC+C」が設定され、日本でも2007年に1500台が限定販売されました。, コンパクトカーとして魅力ある価格を実現するため、生産国はタイやインド、メキシコなどで行われ、日本仕様はタイからの供給となりました。, プラットフォームには、レイアウトの最適化とシンプルなボディ構造を追及し新開発された「Vプラットフォーム」を採用。, タイヤを四隅に配置しトレッドを拡大した踏ん張り感のあるプロポーションとされ、ルーフは後端がわずかに跳ね上がるようなラインとすることで空力性能を高め、燃費向上が図られました。, エンジンには軽量・コンパクト・低フリクションを実現した新開発1.2Lエンジンを搭載し、トランスミッションにはCVTに2段変速の副変速機を組み合わせた「新世代エクストロニックCVT」が全グレードに採用されました。, 新型日産マーチについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 日産が、コンパクトカー「マーチ」のビッグマイナーチェンジを予定しています。 改良により魅力をアップする日産新型マーチについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 日産タイ法人は、2020年7月15日から26日の日程で開催されているバンコクモーターショー2020で、新型「キックス」に500台限定で設定される特別仕様車「キックス e-POWER with Premiere Edition」を発表しました。, 新型キックスは、日本仕様では2グレードのみ展開されるのに対し、タイでは「S」、「E」、「V」、「VL」の4グレードが展開されます。, そして、タイで限定販売されるキックス e-POWER with Premiere Editionは、現地の4グレードのうち最上級グレードの「VL」がベースとなります。, 特別装備として、フロント、リア、サイドにアンダースポイラーが装着されるほか、リアルーフスポイラーやブラックの17インチアロイホイール、プレミアバッジなどを装備。, キックス e-POWER with Premiere Editionのタイでの価格は、ベースとなる「VL」グレード(104万9000バーツ:日本円換算約356万円)に対し5万バーツ高の109万9000バーツ(日本円換算約373万円)です。, 2020年5月15日に日産タイ法人は、新型キックスを全車「e-POWER」仕様として発表。その後、タイから輸入されるモデルとして、日本でも新型キックスが同年6月24日に発表され、6月30日に発売されました。, 新型キックスの大きな特徴は、前述した電動パワートレイン「e-POWER」が搭載されている点です。e-POWERではエンジンは発電機として用いられ、モーターの力で走行。走行性能と環境性能を高いレベルで両立させています。, この記事内のリンクから商品を購入されるとマイクロソフトはアフィリエイト広告収入を得ることがあります, 新しいFacebookアプリで友達とのコミュニケーションを快適に楽しんで頂けます。. 日産自動車のインド部門は11月6日、新型コンパクトSUVの『マグナイト』(Nissan Magnite)に新開発の1.0リットルターボエンジンを搭載すると発表した。 日産自動車は、2020年11月5日、ピックアップトラック「ナバラ」と「フロンティア」のフルモデルチェンジを発表した。これらの車種は、海外で生産販売を行っている世界戦略車のひとつだ。, 日産の80年以上に及ぶピックアップトラックの歴史を受け継ぐモデルであり、日本でも近年まで販売されていた「ダットサントラック」の末裔にあたる。, ナバラとフロンティアは、一部の仕様こそ異なるが、デザインやメカニズムなどの基本を共有する姉妹車。タイやオーストラリアなど、グローバルでは「ナバラ」、メキシコや南米では「フロンティア」と呼ぶ。, 実はこのナバラ/フロンティアは、2019年のグローバル販売において日産車で7番目に多い21万台超を売り上げた稼ぎ頭。本稿ではそんな新型「ナバラ」(フロンティア)を紹介していこう。, 【画像ギャラリー】11月5日にフルモデルチェンジ発表された日産ピックアップトラック「ナバラ」をみる, ナバラには、前席+荷台の「シングルキャブ」、前席後方に収納スペースを備える「キングキャブ」、後席を備える「ダブルキャブ」の3タイプのボディが展開されるが、オンラインで世界初披露された新型は、上級仕様の「ダブルキャブ」仕様である。, 新型ナバラの特徴は、実用的かつタフなトラック性能を伸ばしながらも、SUVに求められる快適な移動とカッコよさを高めたことにある。また、世界的にニーズが高まる先進安全機能やコネクテッド機能の搭載も図られている。, クロカンを彷彿させるタフなエクステリアは、ビジュアル的にもフレームを持つ堅牢な車両であることを示すために「壊れない」をデザイン言語として活用し、頑丈さを強調しながらもスタイリッシュなデザインが目指された。, フロントグリルには、日産のピックアップモデルの新アイコンである「インターロックグリル」を、大型ピックアップトラック「タイタン」に続いて採用。グリル後方に潜むパワフルなエンジンを封じ込めるプロテクターのような力強い縁取りが印象的だ。, その左右をコンパクトかつシャープなデザインのLEDヘッドライトが挟み込む。まさに力強くスポーティなフロントマスクだ。, 新型のデザインの拘りが最も感じられるのは、荷台を含むリアスタイルだろう。ボディ同様にふくよかなフォルムを与え、さらにテール部に抑揚を与えることで、リアスポイラーのようなデザインに仕上げている。これにより実用車風味を抑え、スペシャルなビークルであることが強調されているようだ。, もちろん、機能性にも抜かりはなく、LEDとなる大型テールランプによる優れた視認性に加え、リヤバンパーにステップを内蔵することで荷台へのアクセス性を高めている。, 快適な移動を提供するキャビンは、より乗用車ライクなものが目指された。ダッシュボードは、SUV的なデザインとなり、メーターパネルには、7インチの高精細TFT液晶画面によるインフォメーションディスプレイを内蔵。ステアリングホイールも様々なボタンを備える新デザインに改められた。, ダッシュボード中央には、8インチのナビゲーションシステム付きインフォテイメントシステムも搭載。世界的なコテクティビティニーズに応えるべく、Android AutoやApple CarPlayに対応する。, フロントシートは、快適性とホールド性の高いものを採用するが、後席も快適性を高めた新形状のシートとなり、前後共に快適なドライブ環境が整えられている。また静粛性向上のために、ウィンドウを遮音ガラスとした。, 新型の目玉となる新グレードが「PRO-4X」だ。現行型フロンティアで展開されるオーナーカー向けのスポーティかつアグレッシブなスタイルの上級グレードだが、新型ではナバラにも拡大。, エンブレム、グリル、アルミホイール、プロテクションなどのエクステリアパーツをブラック化。アクセントとしてオレンジレッドが取り入れられているのが特徴。, インテリアでは、「PRO-4X」ロゴ入りのレザーシート仕様となるようだ。先進安全運転支援機能も積極的に採用されている。, ドライバーに疲れを警告する「ドライバーアラートモニター」、車線からの逸脱を警告する「車線逸脱警報」、車線逸脱を抑制するステアリングアシストを行う「車線中央維持支援」、車両周囲360度を移す「アラウンドビューモニター」、前走車との衝突の危険を知らせる「前方衝突警報」、衝突の回避もしくは被害軽減を図る「エマージェンシーブレーキ」、側後方からの接近車を知らせる「リヤトラフィックアラート」などが取り入れられている。, 現時点では、詳しいスペックやグレード展開などは発表されておらず、価格も未定だ。新型ナバラの販売自体は、タイで2020年12月より開始。順次、他の市場にも投入されるという。, 生産拠点は、ナバラがタイに加え、南アフリカの日産工場でも開始される予定。一方、フロンティアの生産もメキシコにて引き続き行われる。, 基本海外戦略車となるが、SUVにも引けを取らないビジュアルと優れた悪路走破性と実用性を備えるだけに、多くの人が、日本導入の可能性を期待するはずだ。, 現在日産のトラックは、キャブオーバートラック「アトラス」と軽トラック「NT100クリッパー」を展開するのみ。ただ日本市場でのピックアップトラック自体の販売も、トヨタのハイラックスのみとなる。, ピックアップトラックは、マリンスポーツユーザーなどの趣味人に一定の需要があるため、ハイラックスの日本復活は大きな話題となった。しかし、趣味系トラックのニーズを複数台の車種で競うのは、難しい。, 現在、「ナバラ」のサイズだと、国産では、三菱 トライトンやいすゞ D-MAXが存在するが、いずれも非導入となる。, ただ、日産(三菱も……)は、タイより乗用車を輸入して販売しており、ルートは確保されている。限定でも構わないので、日産再建の新たな取り組みの一つとして日本導入をご検討いただきたい。, 絶賛評価が続々!!

.

ジュラシックワールド ザゲーム 攻略 29, 網走 スレッド 105 16, スーパー英語 学習マイレージ 貯め方 35, 東のエデン 映画 2 4, 三条競馬場 馬 逃走 7, 三重県 少年野球 チーム 6, ペンギン 手 を 広げる 理由 9, コナン ツッコミ ゼロの執行人 5, 誕生日 お金 お礼 36, Planner ラベル 名称変更 20, プリウスphv 後部座席 エアコン 14, ヒカキン 家 マイクラ 9, Youtube 日 向坂 Cm 4, リバレイト Op ロッド 8, シン ドンミ ヘオ ギュ 50, 犬鳴村 映画 Dvd 6, アウトランダー ピラー 取り外し 7, Android Webカメラ Mac 10, メール 破棄してください 英語 4, アシマリ 色違い 出ない 7, G Suite ホームページ 移行 4, Tgfb1 Tgfb2 違い 6, ラジオ パーソナリティ 募集 岡山 8, 絶対 零度 Pandora 未然 24, ポップな心霊論 生まれてはじめて 霊 視 をしてもらいました 13, いえいえ 大丈夫です 英語 4, シャチ 日本 海 5, 上田剛彦 キャスト 休み 4, Chr カスタム 黒 4,