ゴールドベルグとリリー・クラウスのSPから モーツァルトの「ヴァイオリン・ソナタ」は、正確には「ヴァイオリン伴奏付きクラヴサンもしくはクラヴィーアのためのソナタ」です。貴族のお嬢様たちが、音楽教師のヴァイオリン伴奏に合わせてピアノを練習するために書かれた曲がほとんどです。 | モーツァルト フルート四重奏曲集 名盤 », モーツァルトの「ヴァイオリン・ソナタ」は、正確には「ヴァイオリン伴奏付きクラヴサンもしくはクラヴィーアのためのソナタ」です。貴族のお嬢様たちが、音楽教師のヴァイオリン伴奏に合わせてピアノを練習するために書かれた曲がほとんどです。そのために、純粋な「ピアノ・ソナタ」と比べるとピアノのパートが易しく書かれていますし、曲そのものもそれほど凝った内容ではありません。にもかかわらず、とてもチャーミングな作品ばかりで、モーツァルティアーナにとってはやはり心惹かれるのですね。, これらの作品には第43番まで曲番号が付けられていますが、K100番以下の初期の作品の中には一部偽作が含まれています。ですので、一般的には第24番K296以降の作品が演奏されることがほとんどです。特にウイーンに移ってから書かれた第32番K376以降の作品は大半が三楽章構成であり楽曲も充実しています。, その中で、僕が魅力を感じている作品をざっと上げてみます。第24番ハ長調K296第25番 ト長調K301第28番ホ短調K304第34番変ロ長調K378第35番 ト長調K379第40番変ロ長調K454第43番ヘ長調K547, その中でも飛びきり好きな曲と言えば、やはり第28番ホ短調K304ということになります。この曲に、最も”霊感”(インスピレーション)を感じるからです。曲全体を短調特有の苦悩や哀しみが覆っていますが、第2楽章中間部の静寂の中に射し込める微かな薄明かりは、ほんの束の間の幸福を想わせて涙を誘われずにいられません。, 第34番変ロ長調K378にも、やはり霊感を感じます。第2楽章は、あのアインシュタインがヴァイオリンを弾いた録音が発見されたと話題になりましたが、実際は別の演奏家の録音であったようです。その真偽はともかくとしても、純粋無垢な美しさが心に浸み入る素晴らしい音楽です。それに続く第35番ト長調K379も非常に魅力的ですね。, シモン・ゴールドベルク(Vn)、ラドゥ・ルプー(Pf)(1974年録音/DECCA盤), CD4枚にソナタ16曲が収められたBOXセットです。親子ほどの齢の違いのあるコンビがロンドンで全曲演奏会を開いて大成功した直後に行われたレコーディングです。ゴールドベルクはSP時代にもリリー・クラウスとのコンビで録音を残しましたが、このルプーとの録音の方が気に入っていたようです。二人とも虚飾の無い端正な演奏家ですので、ギャラント風のスタイルとはだいぶ異なりますが、ゴールドベルクのしっとりと落ち着いた雰囲気が何とも魅力的です。この録音時65歳ですが、技巧的にも衰えは感じられません。もちろんルプーのピアノも地味ながらも底光りするような美しい音と演奏で、ゴールドベルクとは相性が抜群です。DECCAによる録音も優秀ですし、これはモーツァルティアンの為の最高の選集だと思います。, カール・ズスケ(Vn)、ワルター・オルベルツ(Vn)(1967-1972年録音/edel盤), CD5枚にソナタ18曲と小品3曲が収められたBOXセットです。K296以降のクラヴィーアとヴァイオリンのための作品をすべて網羅しているのがポイントです。二人とも旧東ドイツの演奏家らしく、どの曲に於いてもリズムや音符の処理が正確で、造形のしっかりとした演奏を聴かせます。ズスケの音は綺麗ですがやや細身で、もう少しふくよかさが有っても良いかなというところですが、かつて実演で聴いた音もやはり同様の印象でした。オルベルツは時にバロック的に聞こえるほど厳格な弾き方ですが、ズスケとはピタリと息が合っています。二人の演奏は真面目過ぎる印象が無きにしも非ずで、もう少し微笑みやウイーン的な甘さが欲しい気がします。ですので、何曲も連続して聴いていると幾らか飽きが感じられるかもしれません。何とも些細な不満ではありますが。録音は優れています。, ヴォルフガング・シュナイダーハン(Vn)、カール・ゼーマン(Vn)(1953-1955年録音/グラモフォン盤), CD3枚にソナタ13曲が収められたBOXセットです。曲目は少なめですが、K547以外の主要なソナタは網羅されています。録音年代から当然モノラルで幾らか古さは感じますが、音はヴァイオリンもピアノも明瞭です。なにしろシュナイダーハン以降、ウイーン出身の優れた独奏ヴァイオリニストがすっかり減ってしまったことからも、この録音は貴重です。全体の演奏は端正ながら、何気ない音型のあちらこちらにウイーンの甘さ、柔らかさを感じさせるのが本当に魅力的です。テンポは総じてゆったりとしているので現代の耳にはもたついて聞こえるかもしれませんが、これこそが鄙びたウイーン情緒であり味わいです。ウインナ・カフェを飲みながら聴くならば、やはりこの演奏でしょう!, 続いては1枚もののご紹介です。アルトゥール・グリュミオー(Vn)、クララ・ハスキル(Pf)(1958年録音/フィリップス盤) これはもう定番中の定番ですのでいまさら何をいわんやですが、正に不滅の名盤です。古雅な趣のハスキルのピアノとギャラント風で小股の切れ上がったグリュミオーのヴァイオリンは一見合わなそうですが、実際はモーツァルトの音楽の微笑みと哀しみ、陰影の深さを他のどんな演奏家達よりも見事に描き出しています。テンポ感とフレージングもこれ以上無いほどに絶妙です。K304の第2楽章など、その余りの美しさに息もつけないほどです。唯一の不満は、ピアノの音が遠く感じられる録音バランスですが、素晴らしい演奏に聴き惚れているとそれも気にならなくなります。K301、K304、K376、K378の4曲が収められていて選曲もほぼベストです。ヘンリック・シェリング(Vn)、イングリッド・ヘブラー(Pf)(1969-1972年録音/フィリップス盤) この二人はかなりの録音を残していてBOXでも出ていますが、僕のCDはK304、K376、K379、K454の収められた1枚ものです。選曲は悪くはありません。シェリングは三大B(バッハ、ベートーヴェン、ブラームス)は最高なのですが、モーツァルトの演奏には微笑みや茶目っ気がやや不足するように思います。ズスケと同じように”真面目過ぎ”に感じられるのですね。その典型がK304で、もっと感情に溺れても良いのになぁと思います。ヘブラーも傾向は同じですが、シェリングほどは気になりません。逆に曲想にピタリと適して素晴らしいのはK379です。二人とも本当に美しく、潤いのある音を奏でているので残念でいますし、響きの柔らかい録音も優秀です。イツァーク・パールマン(Vn)、ダニエル・バレンボイム(Pf)(1984年録音/グラモフォン盤) このCDはオリジナルのLP盤そのままなので、K301、K302、K303、K304が収録されています。これ1枚だとちょっと曲目が片寄ります。二人の演奏はとてもロマンティックなもので、甘く表情豊かに歌わせています。といって様式を崩している訳では有りません。およそ神経質さが無く、おおらかで自由奔放な雰囲気なのが魅力です。どの曲も無条件で楽しめます。但し、大好きなK304の第2楽章が以外にあっさりとしていて物足りません。パールマンの音は乾いた印象ですが、とても美しいです。これを決して”白痴美”などと誤って評することなかれ。オーギュスタン・デュメイ(Vn)、マリア・ジョアン・ピリス(Pf)(1990-1991年録音/グラモフォン盤) この演奏も人気が高いと思います。収録曲もK301、K304、K378、K379と、1枚ものではベストの選曲です。録音もずっと新しくなるので二人の楽器がとても艶やかな音で録れています。デュメイ、ピリスともに歌い回しや表情づけが非常に豊かであり、少なくともここに上げた演奏の中では最も大胆です。両者ともにセンスが良いのでとても楽しめます。但し、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタに清純さや純粋無垢な雰囲気を求めるとすると、この演奏は少々枠をはみ出していそうです。聴き様によってはある種の”あざとさ”を感じてしまうかもしれません。そこが好き嫌いの分かれ目です。, ということで、どれも魅力を感じる演奏ばかりですが、あえて選集、1枚ものからそれぞれたった一つ選ぶとすれば、迷うことなく選集はゴールドベルク&ルプー盤、1枚ものはグリュミオー&ハスキル盤です。特に後者はたった4曲でもベストに近い選曲ですし、奇跡的な名演奏なので、仮に選集、1枚もの問わず選ぶとしても、やはりこのディスクになります。この演奏のピアノの音に古めかしさを感じられる場合には、デュメイ&ピリス盤がお勧めできます。, 投稿者 ハルくん 時刻 12時49分 モーツァルト(室内楽) | 固定リンク 私家盤レコード芸術 (tombiの名曲名盤300) 記載リストを検索しやすく作曲家アルファベット順にしました。 毎月毎月圧倒的な枚数で売り出されるCD。どんなものを買っていいかも判らない。 COPYRIGHT © 2020 UNIVERSAL MUSIC LLC ALL RIGHTS RESERVED. Tweet, モーツァルトの曲は、恐らく所有しているCDの2~3割位を占めていると思います。今日も少し懐に余裕ができたので、中古CDを扱う有名店に出かけるのですが、売っているCDの中でもモーツァルトは多いのです。少しは、他の珍しい作曲家のものをと思っても少ないのです。ベートーヴェン、ブラームス、マーラー、ブルックナー、モーツァルト、シューベルト。どうしても、売られているものも、交響曲主体になるのでこうなるのでしょうね。自分のコレクションもいつの間にか、モーツァルトが多くなっていきます。 現在、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲といえば、1773年4月に書かれた第1、1775年6月から12月にかけて立て続けに書かれた第2~第5の合計5曲とされる。ザルツブルク時代、そしてまだ10代の神 … この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ集 名盤: ベートーヴェン 三重協奏曲(ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 ハ長調 作品56) 名盤, ベートーヴェン 「ミサ・ソレニムス(荘厳ミサ曲)」Op.123 名盤  ~心より出で、願わくは再び、心に入らんことを~, ベートーヴェン 歌劇「フィデリオ」全曲 名盤 ~ベートーヴェン生誕250年記念~, マーラー 交響曲第10番 嬰ヘ短調 <クック補筆全曲版> ~新たなる時代への習作~, モーツァルト 弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」 名盤 ~ハイドンに捧げた渾身の力作~, ハルくんのハードロック・カフェ(管理人の姉妹ブログ) ロック・ミュージックについて楽しく語ります, Der Weg zur Deutschen Sprache/ドイツ語学習中のmicchikさんのブログ, オペラファンの仕事の合間に /クラッシック音楽やフィギアスケートの荒川静香さんを語るブログ. 第1楽章: Allegro moderato. さて、前置きはこの辺にして、沢山所有しているモーツァルトですが、ヴァイオリン・ソナタはどうかな?と思って見てみると、殆どないといった状況です。というか、私の持っているのは、ご紹介のグリュミオーのステレオ盤、そして、40盤、41番のモノラル盤です。これでOKと思っていました。ご指摘のようにピアノが右奥に少し引っ込んだ収録になっていますが、くすんだ響きがたまりません!私は34盤を愛聴しますが、もうこの2枚で十分だと思っていたので、コレクションが増えていかなかったのです。 聴いています。LP,CDでも出ましたがk296,k378 とてもいいと思います。すっきりと美しい演奏と思います。 第28番 ホ短調 K.304 3. ヴァイオリン協奏曲第1番変ロ長調 K.2074-6. レイチェル・ポッジャーとゲイリー・クーパー モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ全集ボックス! 2004年に第1集(CCSSA21804)がリリースされ、2008年発売の第7&8集(CCSSA28109)で完結した、ポッジャーとクーパーのモーツァルト … 第34番 変ロ長調 K.378 2. [限定盤 | 全65タイトル | 2019年12月4日発売 | アンコールプレス]絶大な人気を誇った名ヴァイオリニスト、グリュミオーの遺した名盤のなかから厳選した65タイトルを、アンコール・プレス!, 第3楽章:Tempo di menuetto - Allegro - Tempo I, ラロ:スペイン交響曲/サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 他(モノラル録音), モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第41番/ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番, モーツァルト:3声のフーガ集/ホフマイスター:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲. モーツァルトが使用したヴァイオリンで演奏したヴァイオリン協奏曲全集の初録音ウィーン・フィルの名奏者がミンコフスキのオケと驚愕の共演!, ここで使用されたヴァイオリンは、モーツァルトがザルツブルク宮廷オーケストラのコンサートマスターをしていたときに使用していたものです。1773年と1775年に彼自身が演奏するために5つのヴァイオリン協奏曲を作曲していますが、ちょうどそれと同時期のもので、このヴァイオリンを使用して演奏されたものと思われます。 この楽器は、バイエルン・アルプスのクロッツ家の工房で、おそらく18世紀初頭に作成されたものです。当時より「銀色の音色」の名器とされていたヤーコブ・シュタイナーの楽器をモデルに製作されたことが、内部のラベルの記載が示唆しているようです。モーツァルトはザルツブルクを去ったとき、このヴァイオリンをウィーンに持って行かず、彼の妹と一緒に残しました。 1820年に彼女は、モーツァルトの子供時代のヴァイオリンと一緒にそれを売ってしまいました。楽器は当時から「モーツァルトの遺物」として扱われていたため、非常に良好であり、いくつかの小さな変更を除いて、実質的にオリジナルの状態が保たれています。 オーストリア=ハンガリー系ヴァイオリニスト、クリストフ・コンツは、弱冠9歳にして、アカデミー賞を受賞したカナダ映画「レッド・ヴァイオリン」において神童カスパー・ワイス役を演じ世界中の賞賛を受けました。2008年に20歳でウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団。現在ソリストとして多岐に亘る国際的な経歴を有しながら、室内楽奏者、そしてウィーン・フィルの第2ヴァイオリン首席奏者としても活躍しています(兄でチェロ奏者のシュテファン・コンツはベルリン・フィル団員、フィルハーモニクスのメンバー、アレンジャーとしても活躍)。また、指揮者としても国際的にその実績を確立しており、2014年には、ヴェルビエ・フェスティバル室内管弦楽団のツアーに加わり14公演を行い、同年のザルツブルク音楽祭ではモーツァルトの作品を指揮して高い評価を得ています。2019年からは、ノイス・ドイツ・カンマーアカデミーの首席指揮者にも任命され、ルーヴル宮音楽隊の首席客演指揮者もつとめています。 ルーヴル宮音楽隊がミンコフスキなしで録音するのはおそらく当盤が初めて思われ、オーケストラ側からのコンツへの強い信頼がうかがえます。この録音では、モーツァルトの生前と同じく現在よりも低めのピッチを採用し、カデンツァも含めて当時の歴史的演奏様式を取り入れて演奏されています。 「これらの協奏曲とこの楽器の間には密接な関係があり、モーツァルトがこの楽器を体験したことは間違いなく彼に大きな影響を与えました。彼はヴァイオリン協奏曲で、テッシトゥーラとコロラトゥーラを高音域で使用するのが好きでした。この音域はこのモーツァルト自身の楽器で特に美しく聞こえます」と、コンツは語っています。, [CD1]1-3. 特に バリリとB=スコダの第32番……。絶品です。 [限定盤 | 全65タイトル | 2019年12月4日発売 | アンコールプレス] 絶大な人気を誇った名ヴァイオリニスト、グリュミオーの遺した名盤のなかから厳選した65タイトルを、アンコール・プレス! 曲目 [CD 1] モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第1番 変ロ長調 K.207. 現在、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲といえば、1773年4月に書かれた第1、1775年6月から12月にかけて立て続けに書かれた第2~第5の合計5曲とされる。ザルツブルク時代、そしてまだ10代の神童の … 1. モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集 CD1 1. ゴールドベルグとルプー盤はウイーン的とは違うのですが、あのしっとりと瑞々しい情感は聴けば聴くほどにじわじわとハマります。, やっぱり私もグリュミオー・ハスキル盤が大好きです。フィリップスには数多くの名盤が有りますが、これはその中でも鉄板の名盤でしょう。 K304良いですよね。 1950年代にハスキルと録音したモーツァルトのソナタ集。同時期のベートーヴェン録音と並び、「黄金のデュオ」と呼ばれた彼らの金字塔的録音。第40番・第42番はモノラル録音。, 絶大な人気を誇った名ヴァイオリニスト、アルテュール・グリュミオーによる、1950年代にピアニスト、クララ・ハスキルと録音したモーツァルトのソナタ集。同時期のベートーヴェン録音と並び、"黄金のデュオ"と呼ばれた彼らの金字塔的録音。 (C)RS, ヴァイオリン・ソナタ 第34番 変ロ長調 K.378(317d) 第1楽章:Allegro moderato, ヴァイオリン・ソナタ 第34番 変ロ長調 K.378(317d) 第2楽章:Andantino sostenuto e cantabile, ヴァイオリン・ソナタ 第34番 変ロ長調 K.378(317d) 第3楽章:Rondeau.Allegro, ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304(300c) 第1楽章:Allegro, ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304(300c) 第2楽章:Tempo di menuetto, ヴァイオリン・ソナタ 第32番 へ長調 K.376(374d) 第1楽章:Allegro, ヴァイオリン・ソナタ 第32番 へ長調 K.376(374d) 第2楽章:Andante, ヴァイオリン・ソナタ 第32番 へ長調 K.376(374d) 第3楽章:Rondeau.Allegretto grazioso, ヴァイオリン・ソナタ 第25番 ト長調 K.301(293a) 第1楽章:Allegro con spirito, ヴァイオリン・ソナタ 第25番 ト長調 K.301(293a) 第2楽章:Allegro, ヴァイオリン・ソナタ 第40番 変ロ長調 K.454 第1楽章:Largo-Allegro <モノラル録音>, ヴァイオリン・ソナタ 第40番 変ロ長調 K.454 第2楽章:Andante- <モノラル録音>, ヴァイオリン・ソナタ 第40番 変ロ長調 K.454 第3楽章:Allegretto <モノラル録音>, ヴァイオリン・ソナタ 第42番 イ長調 K.526 第1楽章:Molto allegro <モノラル録音>, ヴァイオリン・ソナタ 第42番 イ長調 K.526 第2楽章:Andante <モノラル録音>, ヴァイオリン・ソナタ 第42番 イ長調 K.526 第3楽章:Presto <モノラル録音>, https://cdn.tower.jp/za/o/5W/zaP2_G7286165W.JPG. ヴァイオリン・ソナタの名盤と言えば やはり グリュミオーとハスキルの モノラルとステレオの2枚ですよね。私は LP時代から聴いてきましたので、脳みそに刷り込まれてしまっています。(笑) ■セルとの第1番・第3番・第5番が1960年代、シュナイダーとの第2番・第4番が1970年代の収録。録音年代はやや離れているが、スターンは第3番以外、複数回の録音を残していないので、「スターンのモーツァルト」を端的に味わうには、まずはこの全集ということになるだろう。優しく包み込むような豊かな音色はスターンならではのもので、自由に振舞っているようでいて決して則を外さないその演奏は見事の一言。2人の指揮者の個性の違いもはっきりと聞き取れる。, 4.ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K.219「トルコ風」 第1楽章 アレグロ・アペルト, 5.ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K.219「トルコ風」 第2楽章 アダージョ, 6.ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K.219「トルコ風」 第3楽章 ロンド、テンポ・ディ・メヌエット. « 2014ワールドカップ 閉幕 | ヴァイオリン協奏曲第2番ニ長調 K.2117-9.ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216, [CD2]1-3. 最近ではデュメイとピリス 賛成です。 ②ゴールドベルク/ルプー こんなにみずみずしい音楽は、久しぶりです。朝聴いても良いし、夜聴いてもあいます。弾き振りだけあって、ムターのモーツァルト感が、隅々まで溢れて、この人モーツァルト好きなんだなーって正にわかる世界。とても気に入っています。録音もgood! 2 . 3.ティボーのモーツァルトヴァイオリン協奏曲No.6 K.268 偽作とされているため演奏、録音とも敬遠されているこの曲であるが、冒頭からいきなり主題に入り、聴き手を引き込んでしまって放さない、 … 最近購入した ゴールドベルグ/ルプー盤も なかなか素晴らしいです。, 本当ですね。CD代がかかること、かかること。幸せなのか不幸なのか。。。 第32番 ヘ長調 K.376 4. とても懐かしいですし、久しぶりにまた聴いてみたいです。どうもありがとうございました。, ハルくんさん、こんばんは。 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. トップページ いかにもモーツァルトといった感じで、同じくフィリップスのクリップスによる後期交響曲集同様何度も聞きたくなる音です。, ハルくんさん、こんにちは! 502966 クラシック ヴァイオリン CD(国内盤) モーツァルト/ロンドン・ソナタ全6曲 浦川宜也:ヴァイオリン、粟田口節子:チェンバロ 吹奏楽、アンサンブル、ソロの楽譜・CDの通販サイト「音 … やっぱり幸せですね!, いやー、グリュミオーとハスキル盤、やはり人気高いですね。それにバリリとバドゥラ=スコダ盤も。バリリは増々聴き直してみたくなりました。

.

ゲーム 相方 気持ち悪い 22, ラブレター 書き方 男 22, ノーダウト 意味 英語 10, 腋窩温 口腔温 温度差 42, 二重 睫毛 犬 5, Rx570 グリス 塗り替え 20, グラブル ディヴィジョン 金剛 14, モンゴル 馬 走り方 4, ハイラックス マイナーチェンジ 2021 4, ロトム 色違い オシャボ 12, Pubg 血の色 Ps4 9, キャンドル ジュン 実家 7, ジョージコックス ソール 高さ 5, 太陽の末裔 ミョンジュ 死 17, パート面接 服装 ユニクロ 6, キングダムハーツ3 考察 ヨゾラ 9, パクヒョンシク 来日 2020 9, プリティ カリーナ 産 駒 12, オーディション 映画 海外の反応 5, 三田線 新型車両 デザイン 4, 日本 作曲家 ランキング 売上 10, 虫刺され しこり 治し方 45, 私 の苦手 なあ の 子 主人公 5, Dhc マイルドローション アルコール 5, 富岡義勇 日輪刀 作り方 5, 竹内まりや 駅 カバー 5, 癌 余命1ヶ月 症状 55, Google 画像 長押し 保存できない 14, ダイソー 電動シェーバー 分解 20, 将棋 年収 ランキング 5,