結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 エアソフトガンを自作する。 マジメに答えると構造的に簡単なマルイのエアコッキングガンでさえ自作するとすれば物凄い工作技術が必要で買った方がはるかに安いです。 しかも金属から部品が作れるなら殺傷能力のある銃も作れます。 以降は機関銃(砲)の形式としての「ガトリング砲」についても記述する。, 原始的な手銃の時代から、多数の銃身を並べて斉射するアイデアが存在し、ガトリング砲が登場した時期にもミトラィユーズ砲(日本では“蜂巣砲”と呼んだ[1])として知られる多砲身“斉射砲”が存在していた(しかし、斉射砲は構造が複雑すぎて信頼性が低く、普及しなかった)。, ガトリング砲が発明された当時の米国は、欧州に比して軍事的後進国だったため、依然として戦列歩兵式の歩兵運用が続いており、敵兵は密集した陣形を組んで向かってくる存在と認識されていた。こうした密集した敵兵に対しては、大砲から霰弾などの対人弾を浴びせる攻撃が昔から行われていた。, ガトリングのアイデアは、銃身を環状に並べて回転させ、金属薬莢を使用する後装式の閉鎖機構と給弾機構をこれに組み合わせたものであり、それまでの多砲身“斉射砲”とは全く異なる構造の“連発砲”だった。, ガトリング砲には複数の砲身が環状に配置され、人力でクランクを回転させると、連続して給弾・装填・発射・排莢のサイクルが進行する構造であり、射撃は斉射ではなく連続して行われた。, 1862年型では固定式弾倉に、紙で包んだ鉛弾を内蔵する鉄製薬莢の実包をバラで投入する給弾方式であったが、1865年型からは口径0.58インチの真鍮製薬莢の実包をバネを用いずその自重で落とし給弾する箱型弾倉式に代わり、これ以外にも必要に応じて上部から実包を次々に継ぎ足す装弾クリップ式もあった。, 前装式小銃が主流だった南北戦争当時、ガトリング砲の持つ200発/分の連射速度は驚異的であり、1866年に軍によって採用される以前から、セールスエンジニアが戦場にガトリング砲を持ち込み、実際に敵兵(南軍)を撃って見せる実戦参加デモンストレーションが行われた。, 初期のガトリング砲は射撃中、射手が一定速度でクランクを回さないと弾丸詰まりを起こしやすく、また射撃に夢中になって回転速度を上げすぎると、過熱による部品の破損の危険があった。このため1893年には電動モーターにより一定のペースを保って射撃できるタイプが開発されたが、当時のモーターやバッテリーはまだ重量過大で信頼性が低く、さらに重量が増し、扱いが難しくなってしまった。後の時代に航空機用として生まれ変わったガトリング砲では部品の精度や材質も改善され、外部動力のため不発が発生しても強制排莢して射撃が持続できるという利点がある。また銃身1本当たりの発射頻度は低くて済むため、後に開発された単砲身の機関砲・機関銃が悩まされた、加熱によって生じる様々な問題(ライフリングの急速な磨耗や弾頭周囲からのガス漏れによる作動不良など)が発生しにくい構造になっている。, 一方で、多砲身のため重く設置・操作には複数の兵士が必要で、小型砲並みのサイズとなり軽便さに欠けるという欠点があった。, 初期のガトリング砲は、真鍮製の薬莢を用いる弾薬が普及していなかったため、紙に包んだ鉛玉を鉄製の薬莢に収めた専用弾薬と一緒に販売されていたが、各種の金属薬莢式弾薬が普及し始めると、これを使用するタイプが製造されるようになり、各国へ輸出されるようになった。, しかし、南北戦争で双方が使用したエンフィールド銃に代表されるミニエー式小銃の強力な殺傷力が、戦列歩兵式の歩兵運用を廃れさせると、歩兵は密集して真っ直ぐ向かってくる存在から、散開しながら接近してくる存在へ変わってしまい、機動性と軽便さに欠けるガトリング砲は野戦では役に立たない兵器となってしまった。また、射手はクランクを回して操作する必要性上伏射が難しいために射撃姿勢が高く、狙撃を受けやすいという問題もあった。, ガトリング砲が威力を発揮できたのは、敵兵が突撃を仕掛けてきた際の拠点防衛用や海戦においてであり、敵艦の甲板を掃射して乗組員を殺傷したり、接舷攻撃を仕掛けてきた敵を迎え撃つのに大変適しており、イギリスやロシアは植民地の盗賊撃退用にこれを活用した。, 機動性と射手の防御の問題を解決するため、イギリスのエジプト駐留軍では四方を鉄板で覆った装甲列車に載せて使用していた。また、“キャメルガン”の名称で駱駝の背中に載せられるほど軽量化したことをアピールしたタイプや、ドーナツ型の弾倉を使用するものや銃身を短縮させた“ブルドッグ”と呼ばれたタイプも登場した。, やがてマキシム・ブローニングといった単銃身で軽量な重機関銃が出現すると、大型で重いガトリング砲は一挙に旧式化した存在となった。これには燃焼カスが大量に発生し銃身あたりの連射数の限界が低い黒色火薬・褐色火薬実包から、清掃無しでも連射数の比較的多い無煙火薬実包への切り替えも大きく寄与している。, これらの機関銃は、発射時の反動やガス圧といった内部動力を利用しているため、ガトリング砲よりも小型・軽量でありながら、ベルト給弾機構によって長時間の持続射撃が可能であり、特にマキシムの機関銃は水タンクで銃身を覆って冷却する構造となっており、19世紀の水準で作られたガトリング砲よりも高い部品精度で製造され信頼性も高く、ボーア戦争・日露戦争・第一次大戦で高い戦果を挙げた(そして、なお重量過大であった重機関銃に対し、一人で携行射撃が可能な軽機関銃や短機関銃までもが登場した)。, ガトリング砲は1950年代に航空機用機関砲(後述)として復活したほか、手回し式のガトリング砲は州によっては法的に規制される自動火器には該当しないため、22LR弾を用いたミニチュアのガトリング砲が、手軽にフルオート射撃を楽しみたい人々に向けて市販されている。, 日本では戊辰戦争においての河井継之助が率いた長岡藩兵が、ガトリング砲を実戦で使用した記録がある[2]。 ニコニコ動画にアップしました〜 旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... これ和訳してください。The media could not be loaded, either because the server or network failed or because the format is not supported 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 WRXなんか買ったら破産しませんかね…笑. 他の単銃身機関銃に採用されているリンクベルトはガトリング砲では弾薬消費のスピードが速すぎるため、張力に耐えられず使用できないことから「レール給弾」(砲と弾倉をチューブで繋ぎ、その中に弾倉内の砲弾を電動モーターで送り出す)方式が用いられる。, 反面、ガトリング砲の根本的な欠陥である重量過大と構造の複雑さによる信頼性の低さ、またM61が使用する20mm弾の一発あたりの破壊力の低さ、そして「超高速のジェット機同士の空戦では、ガトリング砲が回転作動し始めてから給弾・発射されるまでのほんの一瞬の間でさえ、後れをとって勝敗を分けてしまう」欠点が指摘されている。そのため欧州の戦闘機においては、20mm台~30mm口径のリヴォルヴァーカノンが現在も採用されている。, M61 バルカンの開発から10年ほど経過していたベトナム戦争当時には、アメリカ空軍の戦闘機にガトリング形式の自動火器が搭載された機は少なかった。また、当時製造されたF-4をはじめ一部の戦闘機は初期設計では機関砲の類が搭載されていなかった。, これは当時流行した「航空機は高速化して機銃を撃つ機会はなくなり、高精度化したミサイルによりその必要もなくなる」という戦術思想に基づくミサイル万能論の影響によるもので、航空機に積まれる機関銃・機関砲は対地攻撃用兵器として捉えられるようになっていた。, だが、実戦が始まると、ミサイル万能論が楽観的であったことが以下のような事例で確認された。, こうして高い連射性能を持つガトリング形式の自動火器は空対空兵器としての地位を取り戻した。アメリカ空軍最新鋭のF-22Aステルス戦闘機にも、砲身の延長と機関の改良が行われたM61A2が搭載されている。航空機搭載に際する携行弾数は、全力で撃てば1分も経たずに撃ち尽くす程度の弾数、約600〜700発程度(F-4、F-14、F-15E、F-16、F/A-18、F-22等)だが、ごく一部の機体は約1,000発を搭載できた(F-105、F-15C)。, 旧ソ連でも1960年代以降はGSh-6-30 30mmガトリング式航空機関砲が用いられたが、対地ロケット弾や対地ミサイルを補う対地掃射用であり、これは現在でもある程度継続使用されているが、搭載している機種は減少している。空対空機関砲としては1970年代半ばまでは23〜37ミリの大口径ガスト式機関砲2〜3門(装弾数は各100発程度)を搭載、それ以降の機関砲は一貫して30ミリ単砲身のGSh-30-1(搭載数一門。携行弾数は100〜150発)が用いられており、MiG-31を除いては空対空用としてガトリング砲を用いることは無かった。, 今日のガトリング式機関砲は、前述の空対空機関砲としての用途に加え、その速射性から、海上対空兵器としてのCIWSや、空対地兵器として攻撃機や攻撃ヘリコプターなどにも搭載され、活用域は再び拡大している。, ソ連・ロシア製のガトリング砲は銃身回転の動力源に、発射時に発生する高圧ガスを利用している(ガス圧作動方式)。, ガトリング砲は多くの映画やアニメーション、ドラマなどで使われるガジェットとなっている。, 高速で大量の弾丸を連射することからその反動はきわめて大きく、19世紀後半に登場した一部のもの[要追加記述]を除けば手持ちでは扱えないため、本来なら銃架に固定して使用するものであるが、多くの作品ではその点は無視され、単に高い連射性能で広範囲を掃射できる武器として描かれている。, その派手さからアクション映画などにおいてはたびたび登場しており、映画撮影用の空砲ではあるがアメリカGE社のM134ミニガン(GAU-2A:本来は車両や航空機などに搭載される。重量15.5kg、口径7.62mm、銃身はモーター駆動、発射速度は4000発/分)を手持ち式に改造したものが、『プレデター』や『ターミネーター2』などに登場している。もっとも、これらは撮影用に製作されたプロップ(小道具や大道具)に過ぎず、モーターの作動に必要な大重量の12ボルト自動車用バッテリー2個を離れた位置に設け、役者にコードで接続して発砲開始も遠隔操作するものである。現実には携帯型は存在しないうえ、実用困難である[注 1]。これはファンに大いに喜ばれ、これを模したエアソフトガンも発売された。M134のエアソフトガンを発売したメーカーはトイテックとアサヒファイヤーアームズの2社で、現在はクラフト・アップル・ワークス社がトイテックのものをリニューアルしたものを残すのみである。, 前述の通り、現行のガトリング砲は実際に抱えて撃てるようなものではないが、コンピュータゲームのバイオハザードシリーズにも高速連射のできる威力の大きな武器として登場している。また、『CRYSIS』など近未来を描いた作品では、パワードスーツにより増強された筋力で支えるという設定も見出せる。なお、前述のターミネーターシリーズでは、T-シリーズのような強靭で強力なロボットが使用する火器として登場している。, 歴史上、手で抱えて使用することを想定された多銃身型の銃としては、第二次世界大戦時に考案されたニール短機関銃があるが、作動方式はウェブリー=フォスベリー・オートマチック・リボルバー自動回転式拳銃から発展したもので、ガトリング砲とは異なっていた。, 単行書・処蕃始末・甲戌四月之三・第七冊

.

新 じゃがいも 炊飯器, ナビゲーター世界史 4 目次, Awk 区切り文字 複数, テレビ 壁掛け 金物 Cad, 東芝 ブルーレイ 電源が入らない, パーティー お礼メール 英語, ヤフオク 評価なし やり方, 夢占い 知らない異性 手を繋ぐ, マツキヨ ボディクリーム ローズ, ナイキ ラン クラブ ランキング 表示 されない, ペルソナ3 フェス アペンド版, サクラエディタ タブ切り替え ウィンドウサイズ 変わる, 楽天 期間限定ポイント 楽天ペイに移す, 写真フレーム 無料 シンプル, マイクラ 構造物 コマンド, Ipad Bluetoothデバイス くるくる, 楽天キャッシュ チャージ 上限 Cash23, イラレ パワポ 文字 化け, ハングアウト 未読 消えない, ブリジストン 折りたたみ自転車 26インチ, Visual Studio 既存プロジェクト コピー, スプレッドシート 関数 割り算, Javascript 連想配列 マージ, 隼 足つき 身長, 人感センサー 電球 E17 おすすめ, Aquos Sense3 全角数字, 智 弁 和歌山 ブログ, 圧勝 漫画 Wiki, So Are You A Boston Red Sox Fan の意味, 大学受験 参考書 何冊, Iphone 画面の明るさ 勝手に変わる, Seymour Duncan Sjb-1b, 銀魂 河上万斉 死亡シーン, メイベリン 落ち ない ファンデーション, クリスタ 定規 レイヤー 移動, いないいないばあ わんわん グッズ, 営業利益率 ランキング 2020, Dプログラム リニューアル ディスペンサー, 空ファイル 削除 コマンド Linux, 知恵袋 Id非公開 特定, 札幌 旭川 バス 格安, 燃料計 故障 下がらない,